教材コンテンツ

PDF版 販売リストのご案内

視聴覚教材ビデオ・DVDの一覧リストがPDF版でございます。
今年度、弊社取り扱いの安全・衛生・健康管理・交通のビデオ・DVD商品をご確認頂けます
2017年度 視聴覚教材ビデオ・DVDタイトル一覧(10.1mb)

お問い合わせ・ご注文は、Mail・電話・FAX・お問い合わせフォームをご利用ください。FAXによるお問い合せ・ご注文の場合、FAXお問い合わせ・ご注文用紙(PDF)がございますのでご利用ください

▶ Mail
info@pr-eiga.com
▶ 電話
06—6361—7370
▶ FAX
06—6364—7395
お問い合わせ・ご注文フォームへ ページトップへ

交通安全シリーズ(四輪ドライバー向き)

  1. 新着 交通事故ゼロへの決意! —あなたと会社を守る—
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 (字幕版選択式)
  2. 新着 交通事故は防げる! —事故映像から検証する安全運転のポイント—
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 (字幕版選択式)
  3. 新着 シルバー世代のみなさん!正しい横断、してますか?
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  4. 新着 事故を起こさないための運転行動—ドライブレコーダー映像から考える—
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
    (字幕版選択式)
せ!心のヘッドライト—歩行者との交通事故を防ぐ運転の心得—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
(字幕版選択式)
  • 注文番号…ST—133
  • 制作年…2017
  • 時間…20分
  • 価格…¥70,000【DVD】

人命にかかわる重大な交通事故は車両同士の衝突などによって発生すると思われがちだが、実際には交通事故による死者の3割以上は歩行中に事故に遭っており、その割合は過去9年間にわたって最多となっている。死亡事故につながる危険性の高い自動車と歩行者との交通事故は、いつ、どこで、どのように起きているのだろうか?
本交通安全映像教材では、自動車と歩行者との交通事故においてその割合が特に高い子供や高齢の歩行者との事故に注目。統計データから多発する事故の傾向を読み解き、ドライバーが事故を未然に防ぐために注意するべきポイントを紹介する。さらに、事故体験者のインタビューとドライブレコーダーの映像により、実際に発生した自動車と歩行者の事故を検証。専門家による解説を交え、夜間の走行時における歩行者との事故のリスクとその対策について学びます

点と灯もせ!心のヘッドライト 歩行者との交通事故を防ぐ運転の心得

【チャプター紹介】3部構成

オープニング 多発する歩行事故(2分)

  1. 子どもの歩行者との事故(3分)

    生活道路上では歩行者の事故が多発しており、年齢別でみると12歳以下、特に小学校にあがったばかりの子供たちが事故に遭いやすい事がわかっている。子どもたちは道路上で予測不能な行動をとるため、事故を防ぐ有効な手立てはないと考えてないだろうか?しかし、時間と場所を意識することで、子どもの事故のリスクは大きく減らすことが出来る。

  2. 子どもの歩行者との事故(5分)

    歩行中に事故に遭う高齢者の割合は年々増加の一途をたどり、近年大きな問題となっている。高齢歩行者との事故のリスクを減らす秘訣は、高齢歩行者の特長を知ることにある。
    高齢の歩行者が事故に遭いやすくなる理由を解説し、ドライバーが事故を回避するための防止策を学ぶ。

  3. 夜間の歩行者との事故(5分)

    夜間には昼間よりも歩行者の数が減ると考えられるが、実は歩行者の死亡事故など重大事故のリスクは昼間よりも高まる。その一方でドライバーは、危険の多く潜む夜間に十分な注意を払い運転できているだろうか?
    平成27年の統計データから、夜間に発生する歩行者の道路横断中の死亡事故のほとんどで自動車がロービームで走行していたことが判明した。実験により夜間におけるハイビームの有効性を検証し、その適切な使用方法について解説する。

事故を起こさないための運転行動—ドライブレコーダー映像から考える—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
(字幕版選択式)
  • 注文番号…SE—153
  • 制作年…2017
  • 時間…20分
  • 価格…¥70,000【DVD】

交通事故を起こさないために大切な事、それは何より交通ルールを守ることです。そして、いつでも「もしかしたら・・・」と考え、交通状況に応じて危険を予測し、すぐに危険に対応できるような運転行動を身につけることです。危険予測をしていれば、突発的な状況に対しても、適切な運転操作で対処でき、事故防止につながります。本作では、ドライブレコーダーに記録された5つの事故事例から、事故につながりやすい状況を抽出し、予想される危険と注意すべき点を示し、安全運転の方法と危険に備えた運転の方法を説明しています。具体的な行動を分りやすく提示しているため、誰でもすぐに実行できる内容です。

事故を起こさないための運転行動 —ドライブレコーダー映像から考える—
  • プロローグ

    ドライブレコーダー映像 ヒヤリハットと事故の事例

  • 交通事故の要因

    交通事故の事態と要因

  • ドライブレコーダー映像から危険予測と適切な運動行動を考える
    • ドラレコ①“渋滞車両の四角に要注意!”

      ☆反対車線が渋滞中、右折時に自転車と衝突

    • ドラレコ②“右折時は、直進二輪車に要注意!”

      ☆信号機のある交差点で右折時、直進二輪車と衝突

    • ドラレコ③“信号機のない交差点では、安全確認を慎重に”

      ☆一時停止線のある信号機のない交差点で自転車と接触

    • ドラレコ④“危険予測と車間距離”

      ☆前車の状況を予測できずに追突事故

    • ドラレコ⑤“連続する見通しの悪い交差点には、要注意!”

      ☆見通しの悪い道路での自転車との出会い頭事故

  • エピローグ

    事故を起こさないための運転行動とは

交通事故ゼロへの決意! —あなたと会社を守る—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 (字幕版選択式)
  • 注文番号…KH—123
  • 制作年…2017
  • 時間…24分
  • 価格…¥70,000【DVD】

企業にとって社員の交通事故は企業経営を揺るがす高いリスクです。事故を起こした本人だけでなく、場合によってはその使用者たる企業も、刑事、行政、民事上の責任を負わねばなりません。この作品では交通事故を起こした営業マンが、自分だけでなく会社にまで及ぶ事故の影響に気づき、同僚たちと事故防止に取り組む姿をドラマ形式で描いていきます。

交通事故ゼロへの決意! —あなたと会社を守る— 【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 (字幕版選択式)
  • 追突事故を防ぐ
    • 運転中はスマートフォンや携帯電話を使わない
    • 停止距離は天候や路面状況で長くなることもある
    • 十分な左官距離をとる
  • 出会い頭事故を防ぐ
    • 一時停止の標識は必ず守る
    • 標識がなくても安全を確認する
    • 小刻みに前進して自車の存在を交差する道路の車や人に知らせる
  • 右・左折事故を防ぐ
    • 右左折時は対向車の陰で見えないオートバイに注意する
    • 左折時は左後方の死角に注意する
    • 横断歩道上の歩行者や自転車に注意する
  • 夜間の交通事故を防ぐ
    • 夜間は原則としてハイビームで走る
  • 飛び出し事故を防ぐ
    • 子どもの飛び出しを予測し徐行、または一時停止をする
交通事故は防げる! —事故映像から検証する安全運転のポイント—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 (字幕版選択式)
  • 注文番号…T—170
  • 制作年…2017
  • 時間…18分
  • 価格…¥66,000【DVD】

交通事故を防ぐにはどうすればよいのか?本交通安全DVDでは、24時間態勢で取材した交通事故の現場映像、ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間の映像、および最新のCG映像を交えて、安全運転のポイントを検証していきます。事故事例として特に多い、追突事故・出会い頭の事故・右左折時の事故について、それぞれ気をつけるべきところを解説していきます。

交通事故は防げる!-事故映像から検証する安全運転のポイント-
  • 出会い頭の事故

    信号機のない交差点で非常に多く発生しているのが、出会い頭の事故です。ある交差点を観察してみると、しっかり停止せず、徐行するだけで通過していく車を多く見かけます。出会い頭の事故を防ぐために、一時停止の交差点では、確実な停止と安全確認を行うことが大切です。
    事故を防ぐポイント①⇒しっかり止まって安全運転

  • 追突事故

    追突事故の原因の多くが、脇見や他のことに気をとられ、前をよく見ていなかったことによるものです。どんな時に脇見をしてしまうのか、脇見運転はどれほど危険なのか検証していきます。
    事故を防ぐポイント②⇒車間距離を保ち脇見をしない

  • 右左折時の事故

    交差点とその付近は、最も多く事故が発生している場所です。交差点で右折する時、左折する時、それぞれどのような点に注意し、安全確認していくか解説していきます。
    事故を防ぐポイント③⇒交差点の右左折時はしっかり確認ゆっくり進行

  • 事故を起こしたドライバーの反省

    実際に事故を起こしたドライバーが、反省と後悔の念を語ってくれました。そのインタビュー映像から、事故を防ぐポイントを学んでいきます。

見逃すな!危険予測のポイント
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…KH—122
  • 制作年…2017
  • 時間…23分
  • 価格…¥70,000【DVD】

日頃、自動車を運転する際には細心の注意を払い、安全運転を心がけていることと思います。では、あなたはどのようなところに目を向けながら運転をしていますか?この交通安全DVDビデオでは運転中の視線の動きに着目した検証を行い、見逃してはいけない危険予測のポイントを説明していきます。

見逃すな!危険予測のポイント

【アイマークカメラを使った検証】

アイマークカメラとは装着した人の視線の動きをリアルタイムに記録する特殊なカメラです。初心者からプロドライバーまで様々な方にアイマークカメラを装着して車を運転してもらい、その視線の動きを記録。タクシードライバー歴22年、プロドライバーの大野さんの視線の動きと比較しながら検証します。

  • 左折時の注意点
    • ◆ルームミラー、サイドミラーを活用する
    • ◆左後方はミラーだけでなく、直接目視で確認
    • ◆自車をあらかじめ道路の左側に寄せて、死角への侵入を防ぐ
  • 右折時の注意点
    • ◆対向車やその車が作る死角に注意する
    • ◆自車のピラーが作る死角にも注意する
    • ◆横断歩道の歩行者や自転車も見落とさないように、十分速度を落とす
  • 見通しの悪い交差点や一時停止の標識のある交差点
    • ◆見通しの悪い交差点などは速度を落とす
    • ◆自分が優先でも安全確認を怠らない
    • ◆一時停止の標識は必ず守る
  • 飛び出しに注意
    • ◆駐車車両や警戒標識がある近辺では安全な速度までスピードを落とす
  • 子ども・お年寄り・自転車に注意
    • ◆子供やお年寄り、自転車の近くでは速度を落とし、間隔をあけて走行する
注意一秒 怪我一生 —四人の事故体験者に学ぶ— 本編26分+短縮版15分(字幕版と合わせてメニュー画面で選択できます)
  • 注文番号…ST—132
  • 制作年…2016
  • 時間…上記の通り
  • 価格…¥70,000【DVD】

実際に交通事故(出会い頭事故、追突事故、左折事故、速度オーバーの無謀運転による事故)を起こしてしまった四人のドライバーが、自らの事故体験を語ってくれました。どの事故も「安全運転の基本」を守らなかったために起きました。事故はどのようにして起きたのか、どうすれば事故は防ぐことができたのか。事故体験者の失敗から学べるのはどんな事か。彼らが起こした事故を検証し、事故防止に役立つポイントを学びます。

注意一秒 怪我一生-四人の事故体験者に学ぶ-
  • 今日も起きている事故

    駆けつける救急スタッフや警察官、大破した車、負傷者の搬送。事故直後の現場を捉えた映像から緊迫した空気が伝わってきます。事故はなぜ起きたか。交通ルールの何が守られていなかったのか。これらを見直すことが事故防止には欠かせません。

  • ドライバーには安全運転をする義務と責任がある

    ハンドルを握った瞬間からドライバーには交通ルールを守って安全運転をする義務と責任が生じます。運転中に交通ルール違反を犯したり、また事故を起こせばその内容に応じて刑事上の責任(懲役、禁錮、罰金)、行政上の責任(免許の停止、取り消し)、民事上の責任(損害賠償)を負うことになります。

  • 実際の事故現場映像が伝える交通事故の恐ろしさ
    • 事故映像①:一時停止をしなかった乗用車が右から来た軽トラックと出合い頭に衝突。事故現場の映像から一時停止無視の危険性が伝わってきます。
    • 事故映像②:幹線道路で発生した多重追突事故。なぜこれだけ多くの車が次々と追突してしまうのでしょうか。ドライバーが前を見なくなるのはどんな場合か。統計資料を基に解説します。
    • 事故映像③:見通しの良い交差点で発生した軽自動車同士の衝突事故。高齢ドライバーが相手の車の速度と距離を読み間違えたと思われます。優先道路を走る車も脇道の車の動きを確認する慎重さが必要です。
    • 事故映像④:スピードの出し過ぎによる単独事故。ドライバーは重傷。救出には工作車が出動しました。もしドライバーが制限速度を守っていたら、たとえ事故を起こしたとしてもこれほどの大事故にはならなかったはずです。
  • 四人の事故体験者に学ぶ
    • その①出会い頭事故を起こした熊野さん

      熊野さんは数年前に一時停止交差点で衝突事故を起こしました。時間に遅れそうになり焦っていたため一時停止をしないで交差点に進入、左から来た車と衝突しました。普段は慎重な人でも、焦ると交通規則を無視してしまいます。焦ると危険な運転をする自分の性格や行動パターンを認識しておく事が大切と日本交通科学学会の大久保教授は指摘します。

    • その②追突事故を起こした渡辺さん

      渡辺さんは運転中にタブレットで地図を見ていて追突事故を起こしました。タブレットに限らず運転中に携帯電話で通話したり、メールの送受信をするのは道路交通法違反であり、大変危険な行為です。時速30キロで走行中に3秒脇見をしたら、その間に車は24メートルも進んでいます!

    • その③左折事故を起こした中村さん

      仲村さんは左折しようとして直進車と衝突。直進車を認識していましたが信号が黄色になったので「止まるだろう」と左折を開始したところ相手が止まらなかったので衝突したのです。相手の動きの確認が不十分だったのが事故の原因となりました。

    • その④スピードの出し過ぎによる無謀運転で単独事故を起こした永松さん

      永松さんはスピードの出し過ぎの無謀な運転で事故を起こしました。一瞬の事故で永松さんは一生手足の自由の利かない体になってしまいました。永松さんは言います「注意一秒怪我一生という標語がありますが、事故は一瞬で起きます。事故の翌日には人生が全く別の方向に向いてしまいました。

  • 事故体験者の失敗に学ぶ事故防時のポイント

    四人の事故体験者は交通事故防止のために苦い体験を語ってくれました。事故の形態は違っていますが、共通しているのは「安全運転の基本」が守られていなかったことです。事故後、四人はどんな注意をして運転するようになったか。そこから事故防止のポイントを学ぶことができます。

  • 「安全運転の基本」は交通ルールを守る事

    交通ルールは道路利用者みんなが安全、円滑に通行するうえで守るべき基本的な約束。「安全運転の基本」である交通ルールを守ることはあなたばかりではなく、道路利用者みんなの安全を守ることになります。

危険!自動車運転中のスマホ —事故発生のメカニズム— 本編19分+短縮版15分(字幕版と合わせてメニュー画面で選択できます)
  • 注文番号…EG—118
  • 制作年…2016
  • 時間…上記の通り
  • 価格…¥65,000【DVD】
危険!自動車運転中のスマホ-事故発生のメカニズム-
  • 危険そのもの、運転スマホ

    スマートフォンや携帯電話を操作しながら自動車を運転する「運転スマホ」は、「歩きスマホ」や「自転車スマホ」よりもはるかに危険なものである。警察庁の調べによると、運転者に過失のある死亡事故の原因として、漫然運転と脇見運転が1、2位となっている。脇見運転のなかで近年多いのが、この運転スマホである。

  • 実際に起きた事故の再現

    実際に起きた事故を再現し、運転スマホの危険性を検証していく。運転スマホをしていた佐藤さんは、道路を横断中のお年寄りの存在に気づかず、そのまま衝突してしまう。「スマホは時々見るだけだったし、前は見えていたから大丈夫だと思った」そこには、脇見運転にありがちな落とし穴がある。

  • 佐藤さんの証言①時々見るだけ

    イラストをもとに、脇見運転の危険性を分りやすく説明していく。佐藤さんがわき見をしていた2秒間に、車は22mも移動していた。車は、危険を察知してもすぐに止めることはできない。ブレーキを踏みこんで停止するまで、車は走り続けている。その間にも道路では、急な飛び出しや歩行者の横断など、状況が刻々と変化している。一瞬の脇見でさえ、重大な事故を招く危険があるのだ。

  • 佐藤さんの証言②「前は見えていた」

    佐藤さんは、歩行者の動きが視野に入っていながら、見えない状態になっていた。これは、一つの事に注意を集中しているとそれ以外の事に鈍感になってしまう現象(非注意性盲)が起きているからである。アイマークカメラを使用した「視野を測定する実験」や、「注意力を確かめる実験」を通し、専門家の解説をまじえて、このことを具体的に示していく。また、運転スマホを取り締まる法律についても触れていく。

  • 正しい運転のおさらい

    安全で正しい運転を行うために、自動車の基本的なルールを今一度確認していく。「携帯電話やスマホの電源は切るか、ドライブモードにする」「前方や周囲の状況に目を配る」「道路標識などの確認をしっかりする」などを説明していく。運転には「これぐらいなら大丈夫」という言葉は絶対にない、そのことを強調する。

絶対にダメ!飲酒運転 「しない!」「させない!」「許さない!」
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
【指導 川崎医療福祉大学臨床心理学科 特任教授 金光 義弘】
  • 注文番号…SE—152
  • 制作年…2016
  • 時間…21分
  • 価格…¥66,000【DVD字幕選択式】

飲酒運転による交通事故件数は、度重なる厳罰化、飲酒運転根絶に対する社会気運の高まり等により減少してきたが、ここ数年下げ止まり傾向にあり、飲酒運転事故は後を絶たない。そこで本交通安全DVD教材では、アルコールが運転にどの様な影響を与えるか、その危険性を再現ドラマを交え、CG、実験で明らかにします。とくに、「酒気残り」が運転に与える影響に注目し、体内のアルコール残量とドライバー本人の酔いの感覚とに大きなズレがある事を検証し、注意を促します。また、飲酒運転をするとどの様な罰則が与えられるのかを分り易く解説し、飲酒運転は犯罪であり絶対に許さない!と飲酒運転根絶を強く訴えます。

絶対にダメ!飲酒運転 しない!」「させない!」「許さない!」
  • ある飲酒運転死亡事故から

    (再現ドラマ)
    ある営業マンが飲酒運転によって、ひき逃げ事故を起こすまでの過程と心理

  • 飲酒運転の危険性:アルコールが及ぼす車の運転への影響
    • ★「お酒に酔う」とはアルコールによる脳のマヒ。
    • 情報処理能力、注意力、判断力の低下により、正常な運転は困難に
    • 「お酒に強い・弱い」と酔い・運転能力は無関係
    • 再現ドラマを交え、アルコールの影響と危険性を分り易く解説
  • 飲酒運転に陥る危険性:アルコールは意外に残る!
    • ★実験:体内のアルコール残量と酔いの感覚の検証
    • 金光義弘教授らによる実験の結果、飲酒した数時間後、参加者の大半から呼気中アルコールが、また全員から尿中アルコールが検出された
    • ところが、同時に酔いの度合いを調べたアンケートでは「もう酔いがさめた」「いつも通り運転できる」と感じている人の割合が高かった
    • 「酒気残り運転」と「睡眠とアルコール分解速度」について解説
    • アルコールの影響が残ったままで車を運転するとどうなるか

    発見の遅れ、反応の遅れ、操作の遅れ

  • 飲酒運転に対する法整備
    • 飲酒運転は犯罪、厳罰に処せられます
    • ★道路交通法・自動車運転死傷処罰法を分り易く解説
  • 社会全体の意識を高めることで飲酒運転根絶を
    • 飲酒ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会幹事 井上保孝・郁美夫妻からのメッセージ
    • ★どうしたら飲酒運転を防止できるのか、その対応策を具体的に提示します

2017年2月に弊社より送付致しましたカタログの価格に誤りがございました。
謹んでお詫び申し上げると共に、現在のWEB表示価格に訂正させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

ドライブレコーダーは見た!—ドライバー心理から考える安全運転—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…T—168
  • 制作年…2017
  • 時間…15分
  • 価格…¥66,000【DVD】

安全運転の基本は交通ルールを守ることです。しかし、交通ルールは知っているはずなのに、現実に事故は起きています。なぜでしょうか・・・。そこには、≪ドライバーのこころの持ち方≫が深く関わっているのです。このDVDでは、様々な事故の状況が刻み込まれたドライブレコーダーの映像と、その再現映像をもとに、ドライバーの心理に着目しつつ危険回避の方法を探ります。

ドライブレコーダーは見た!ドライバー心理から考える安全運転
  • 右折時のポイント①

    右折しようとした車と、直進しようとしたバイクとの衝突事故。
    ⇒対向車の脇を走ってくるバイクの有無を確認していなかった。その背後に「早く行かなければ」という焦りの気持ちがなかったか?自分を客観的に見ることが必要です。

  • 右折時のポイント②

    右折しようとした車と、右後方から来た歩行者との衝突事故。
    ⇒対向車ばかりに気をとられ、その周囲に注意が向けられなかったのでは?私たちは同時に複数の物に注意を向けるのは難しいが、時間をずらせばどちらにも注意する事が出来ます。確認する箇所と順番を決め、身体に覚えこませるのも有効です。

  • 一時停止時のポイント

    車と自転車の出会いがしらの事故。
    ⇒一時停止でしっかり止まり、交差する左右の道路の状況を確認することが大切です。

  • 安全運転をするために

    交通事故には、確認のし忘れや速度超過などの直接原因があり、その背後要因には、考え事をしていた、焦っていた、イライラしていたなどの背後要因があります。自分を冷静に見つめ、背後要因を意識するのも事故防止の重要なポイントです。

ドライブレコーダーからの警告! —あなたの運転は大丈夫か?—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…KH—119
  • 制作年…2016
  • 時間…25分
  • 価格…¥70,000【DVD字幕選択式】

「自分は安全運転だから大丈夫」そんな声をよく耳にしますが、本当に「大丈夫」と言い切れるのでしょうか?ある一般ドライバーに協力してもらい、その運転を記録。本人が気づいていない危険を、ドライブレコーダーの映像を交えながら説明していきます。あなたの運転にも必ず危険が潜んでいます!現状の「安全運転」に満足せず、より慎重な「安全運転」を心掛けてください。

  • 左折をするときは
    • 左後方の死角の安全を確認しているか?
    • あらかじめできるだけ道路の左端に車体を寄せているか?
  • 右折をするときは
    • 対向車の陰の安全を確認しているか?
    • 横断歩道やその周辺に注意しているか?
    • 前方がカーブしているなど、対向車が見えにくい交差点では特に注意!
  • 一時停止と交差点
    • 一時停止の標識は必ず守らなければならない
    • 一時停止の標識が無く、自分が優先の状況でも安全を確認する
  • 自転車の動きに注意
    • ルールを守らない自転車が多いので、慎重に運転する
  • 駐車車両のある道路
    • ドアが開いたり急に発進したりするかもしれない
  • 東京農工大学 藤田先生のドライブレコーダーを用いた解説
    • 「ヒヤリ・ハットは一つ間違えれば大きな事故につながる」
  • タクシー会社 淡路指導委員の実地指導
    • 「橋の近くでは自転車のスピードに注意する」
歩行者事故を起こさない運転 —ドライバーのためのチェックポイント— 【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…T—161
  • 制作年…2015
  • 時間…17分
  • 価格…¥60,000【DVD字幕選択式】

近年、交通事故死者数のうち最も多くの割合を占めているのが歩行者です。交通事故被害の低減のためには、歩行者事故を防ぐことが重要になっています。この交通安全DVD では、ドライバーの立場から、歩行者事故を起こさないために何に気をつければ良いのかを考えていきます。歩行者事故とは、どんな場面で、どんな要因から起きているのでしょうか。歩行者の死亡事故に多い典型的な例をもとに、安全運転のポイントを探っていきます。

  • プロローグ
  • 漫然・脇見運転の危険〜直進時に起きる歩行者事故〜

    歩行者が死亡する事故のうち、最も多いのは、直進する車が横断中の歩行者に衝突する事故。その大きな要因はドライバーの漫然・脇見運転です。一瞬の気の緩みが重大事故につながることをしっかりと認識しましょう。

  • 安全不確認の危険〜交差点での歩行者事故〜

    交差点での右左折時にも歩行者事故は多発しています。ここでは安全不確認による事故をスタントで再現し、その原因を探ります。車を発進させる前に、ひと呼吸。 もう一度の安全確認が、歩行者事故を防ぐポイントです。

  • 気をつけて!夜間、右からの横断歩行者

    歩行者の死亡事故の7割近くは夜間に発生。とくに典型的に見られるのが、直進中の車が、右から横断してくる歩行者に衝突する事故です。なぜこうした事故が多いのでしょうか。夜間の運転に潜む危険を探ります。

  • 高齢者に配慮した運転

    事故の犠牲者になる歩行者のうち、圧倒的に多いのが65歳以上の高齢者。好例歩行者の特性を理解し、それに配慮した運転を心がけましょう。

  • エピローグ
潜む危険を予測・回避せよ —ある会社員の交通事故—  【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…KH—118
  • 制作年…2015
  • 時間…22分
  • 価格…¥70,000【DVD字幕選択式】

「誰だってよけられずに事故を起こしますよ」一時停止を無視した少年と交通事故を起こした会社員が、思わず言ってしまった言葉。はたして彼の事故は避けられないケースだったのでしょうか。事故を防ぐには交通ルールの遵守に加え、事前にどれだけ危険を予測できるかが重要になってきます。この作品では、事故を起こしてしまった会社員の責任と勤務先や家族への影響を描き、様々なケースに潜む危険をクイズ形式で出題し、解説していきます。 

◆様々な交通状況に潜む危険をドライブレコーダーの映像や再現映像からクイズ形式で出題し、回避方法を解説していきます。 

  • 相手が一時停止を守るとは限らない
  • 他の車の動きに注意する
  • 自転車に注意
  • 追突事故を防ぐ
  • 交差点に潜む危険
  • 夜間に潜む事故

◆事故を起こしたドライバーの責任と影響 

  • 刑事上の責任、行政上の責任、民事上の責任が課せられます。
  • 個人の問題では済まされず、勤務先の会社や家族など周囲にも多大な迷惑をかけてしまう事になります。
命はひとつ! —危険を予測・回避するポイント—
【文部科学省選定 推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
本編25分+短縮版15分(字幕版と合わせてメニュー画面で選択できます)
  • 注文番号…ST—131
  • 制作年…2014
  • 時間…上記の通り
  • 価格…¥70,000【DVD】

【制作意図】

死亡事故は減少傾向にありますが、それでも悲惨な交通事故は毎日起きています。命は取り留めたものの重い障害に一生苦しむ方々も後を絶ちません。事故を起こさないためには、交通ルールの遵守はもちろんのことですが、危険の予測と回避を確かなものにすることが求められています。この作品では、危険を予測し回避する能力を確かなものにするポイントを、実際に起きた交通事故の映像から学んでいきます。一時停止の確実な実行、適切な車間距離と安全速度、見通しの悪いところでの減速、そして見込み違いや見落としの可能性を常に意識するなど、一見当たり前と思われる運転の基本をしっかり守ることが事故防止には欠かせない事を強調します。また交通事故で重度の後遺障害を負った方、それを支える家族の懸命な姿を通して、事故の恐ろしさと命の大切さも訴えます。

  • 交通事故の恐ろしさ!

    交通事故による死亡者の数は減少傾向にあるが、いまだに一日平均約12名の人が亡くなっている。「命のミュージアム」(東京都日野市)には尊い命を交通事故で奪われた犠牲者たちの生きた証である靴や、等身大の人型パネルが展示され事故防止を呼びかけている。

  • 遷延性(せんえんせい)意識障害とは?

    「遷延性意識障害」とは脳に損傷を受け、意識が戻らない重傷な意識障害の事である。独立行政法人・自動車事故対策機構中部療護センターでは、交通事故で命を取り留めたが意識が戻らない遷延性意識障害の方々の治療と看護を行っている。医療・リハビリ・介護と高度のケアを必要とする遷延性意識障害を受け容れる病院はきわめて少ないのが現状である。

  • 命はひとつ!

    澤野祐輔さんは18歳の時に交差点をバイクで直進中に右折乗用車と衝突した。意識障害を負ったまま14年間寝たきりの状態である。両親の懸命の介護が続いている。母親の真寿美さんは、「介護は大変だけれど・・・、重い障害を負ったけれど、生きていてくれてよかった」と語る。真寿美さんは全国遷延性意識障害者・家族の会で事務局を引き受け、同じ悩みを持つ人々のために活動している。

  • 事故を起こさないためにどんな運転が求められるのか

    ハンドルを握った瞬間から、誰もが交通事故の加害者あるいは被害者になる可能がある。事故を起こさないためには、交通ルールを守り、危険を確実に予測し回避する事が大切である。あなたの危険予測と回避は確実だろうか?

  • 危険の予測と回避を確実にするポイント

    ドライブレコーダーなどがとらえた実際の事故映像を見ながら、危険の予測と回避を確かなものにするポイントを学ぶ。事故発生の直前で画面を止めて「どのような危険を予測するか」と視聴者に問いかけ、考えてもらう形式で学習している。

    • 事故映像:見通しの悪い交差点での乗用車同士の事故

      ポイント①一時停止は徐行ではない。一時停止交差点では、停止線の直前で確実に停止し安全を確認する。

    • 事故映像:一般道と夜の高速道路で発生した追突事故

      ポイント②前の車が急停止したり、減速しても追突を回避できる速度に応じた車間距離を保つ。

    • 事故映像:見通しの良い交差点での衝突事故(脇道から出てきた軽自動車と衝突)

      ポイント③「こちらが優先だから」と油断しない。たとえ相手が危険な行動をとっても事故を回避できる慎重な運転をする。

    • 事故映像:飛び出し事故(夜の市街地を走行中、飛び出した子どもをはねてしまった)

      ポイント④自転車、歩行者が飛び出してきても、安全な措置をとれるように速度を落とし、いつでもブレーキを踏める状態(構えブレーキ)で用心する。

    • 事故映像:見落としによる事故(横断歩道の歩行者を見落としてはねてしまった)

      ポイント⑤右折・左折は大丈夫と思ってももう一度安全確認を行う。

  • ドライブレコーダーを活用する安全運転教育

    島崎敬先生(早稲田大学人間科学学術院)はドライブレコーダー映像を使って安全運連教育を行っている。先生自身の車のドライブレコーダーがとらえた「ヒヤリ・ハット」映像を分析、事故につながる危険な要素について注意を喚起する。また「早く行きたい」の心理状態がもたらす危険についても検証する。

  • 交通事故防止の決め手

    道路は自動車だけのものではない。自転車、歩行者を含めたみんなのもの。事故を起こさない、相手にも起こさせない運転が求められている。交通ルールを守り、安全運転の基本を確実に実践する事が交通事故防止の決め手である。確かな危険予測と回避で事故のない安全な交通社会を共に目指していきたい。

従業員の交通事故と企業リスク  【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…SE—150
  • 制作年…2014
  • 時間…23分
  • 価格…¥66,000【DVD字幕選択式】

ドライバーの義務として、業務で社用車を運転する場合には、会社の代表として、ハンドルを握っているという自覚と責任を持って、安全運転に徹する事が大切です。企業にとって、発生率も高く、影響度も大きな交通事故は最大のリスクといえます。本交通安全DVDでは、交通事故を起こした従業員本人が負わなくてはならない「社会的・道義的責任と法的責任」「企業の損失」についてわかりやすく解説します。飽きずに視聴できるように、ドラマの合間にイラストをまじえた解説を入れる構成としました。

【内容】

中堅デザイン会社の若手営業部員、永井利雄(25歳)が、新規取引先に社用車で向かう途中、交差点で左折を開始した直後不注意から、直進しようとした主婦の自転車と接触事故を起こしてしまう。被害者は足に打撲を負い、頭を強打した可能性もあるという。

病院に謝罪に訪れた、永井と上司の木下課長に対し、「覚えておけよ、家内にもしものことがあったら俺は一生お前を許さない」と被害者の夫から一喝される。被害者が危篤におちいる夢にうなされ、飛び起きる永井。永井の起こした交通事故はやがて永井の周囲をも巻き込んでゆく。噂は一人歩きを始め、風評被害による取引先からの相次ぐ取引解消の申し出。ネットによる悪意のある書き込み等。事故から半年後、心配された後遺症もなく、示談も成立し、永井は再び通常の業務に戻ることができた。

永井は決意を新たにする。

「今回の事故で、当事者やその家族はもちろん、会社にも多大な迷惑をかけることが分かりました。そうならないためにも、安全運転に徹すること。そして社会を背負って運転しているのだという自覚を絶えず持つこと、そう肝に銘じました」

相手の動きを予測し 危険を回避する!—子ども、高齢者、自転車—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…SE—151
  • 制作年…2014
  • 時間…22分
  • 価格…¥70,000【DVD字幕選択式】

車を運転していて、突然前方の子ども、高齢者、自転車などが、ドライバーの想定外の動きをし、「ヒヤリ」としたり、実際に事故に結びつくケースも少なくありません。しかし、これらの行動特性を事前に知っていたら、的確な危険予測が可能となり、事故を未然に防ぐことが出来るのです。

この交通安全DVDビデオではドライバーが、子ども、高齢者、自転車の行動特性を学び、交通事故を未然に防ぐことが出来るよう、事故事例を検証、分析し、安全運転のポイントを分りやすく解説しています。

【内容】

  • プロローグ〜子ども、高齢者、自転車の危険行動

    ドライブレコーダーの映像を重ねる

  • 子どもの事故〜その特性と危険回避

    行動特性:飛び出し事故が多い 事例1・2・・・子どもの飛び出し事故
     ・さまざまな危険な飛び出し場面 ・子どもの身体特性に起因した危険な場面
    ★模範運転と安全運転のポイント。

  • 高齢者の事故〜その特性と危険回避

    行動特性:道路横断時の事故が多い 事例1・2・・・道路横断時の事故
     ・高齢者の身体機能低下がもたらす危険な場面
     ・事故多発。夜間の高齢者に注意
    ★模範運転と安全運転のポイント。

  • 自転車利用者の事故〜その特性と危険回避

    行動特性:出会い頭や急な進路変更による事故が多い
     事例1・・・住宅街の交差点での出会い頭事故
     事例2・・・急な進路変更による事故
     ・路外施設の出入り時に注意
    ★★模範運転と安全運転のポイント。

  • エピローグ〜相手の動きを予測して危険回避

    漫然と運転することなく、相手がどこに注意を向けているのか、何をしようとしているのか、相手の動きを察知し、危険回避につなげていきましょう。

事故映像と実験に学ぶ 安全運転講座 27分版・15分版
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】 【監修 早稲田大学人間科学学術院教授 石田敏郎】
  • 【27分版】注文番号…T—160A
  • 制作年…2015
  • 時間…27分
  • 価格…¥70,000【DVD字幕選択式】
  • 【15分版】注文番号…T—160B
  • 制作年…2015
  • 時間…15分
  • 価格…¥50,000【DVD字幕選択式】 15分版の正式タイトルは「事故映像に学ぶ 安全運転講座」です。

いまだ後を絶たない交通事故。交通死亡事故は減少傾向にあると言われていますが、今なお多くの命が失われています。この交通安全DVDでは、救急隊とともに24時間態勢で事故現場を取材し、実際の事故の様子を通してその原因を探ります。また、実験や体験テストなども行い、未然に事故を防ぐためにどうすれば良いのか、実証的に考えていきます。
監修は、交通心理学・安全人間工学が専門で、運転行動とヒューマンエラーについて長年研究されている、石田敏郎さんです。

  • 監修者とナビゲーターが事故原因や注意すべきポイントを分りやすく解説。
    • ☆交差点やその付近の事故
    • ☆夜間の事故(15分版には収録されておりません)
    • ☆高速道路での追突事故
    • ☆体調管理に関わる事故(15分版には収録されておりません)
  • 救急隊に同行し、様々な事故現場を検証。

    実際の事故映像を用い、少しの油断やミスが大きな悲劇を招くことを提示。

  • 複数名のドライバーが実験や体験に参加し、普段の運転のメカニズムについて詳細なCG等で解説。事故防止のために留意すべきポイントが視覚的に理解できます。
あなたの運転 再チェック! —危険です、しているつもりの安全運転—
  • 注文番号…ST—130
  • 制作年…2013
  • 時間…25分
  • 価格…¥70,000【DVD】

近年、最高速度違反や、酒酔い運転といった悪質な違反行為による交通死亡事故は減少しています。しかし脇見運転や安全不確認といったドライバーの不注意から起きる死亡事故が占める割合は多くなっています。「自分の運転は大丈夫。事故を起こすはずはない。」そう思い込んでいるドライバーほど危険と言えます。安全運転を心がけているという3人のドライバーの運転を、車内に5台の小型カメラを取り付けて記録し、その映像を運転指導のプロが分析しました。このいままで例のない手法をとることにより、ドライバーの意識と、実際の運転のギャップと盲点が見えてきました。本交通安全DVDでは、安全対策を心がけているドライバーの方々に、改めてご自身の運転を見てもらい、改善点を発見して事故防止に役立ててもらうために制作しました。

  • 交通死亡事故の原因で多いのはどんな運転?

    ドライバーへの街頭インタビューで最も多かった回答は「最高速度違反」だった。しかし実際に起きた死亡事故は「脇見運転」が最も多かった。
    *平成24年原付以上運転者(第1当事者)の法令違反別死亡事故件数 警視庁統計より

  • 安全運転とは何か?

    悪質な運転をしていないというだけでは、安全運転とは言えない。ほんの少しの油断やミスでも、重大事故につながってしまうのだ。では、実際に私たちはどれくらい安全運転を実践できているだろうか?

  • あなたの運転再チェック!

    普段から安全運転を心がけているという3人のドライバーの運転を徹底的に観察。車内に5台の小型カメラを取り付け、運転指導のプロが映像を分析した。その中で、自分の意識と、実際のギャップが見えてくる。

    • Part1~40代男性「しているつもりの運転」

      路上駐車の車を追い越そうとする時どんな危険があるのだろうか?「突然ドアが開く」「車の先からの飛び出し」とドライバーは危険予測はできていたにもかかわらず、実際の運転では駐車車両のすぐ脇をそのまま通りぬけていた。自分では無意識のうちに、危ない運転をしていることがあるのだ。

    • Part1~60代男性「右折・左折時の確認」

      右折、左折のときに見るべきポイントとは?ドライバーの目線はどうしても進行方向に行きがちだが、歩行者や自転車を見落とさないよう、左右を広く確認しておかなければならない。とくに気を付けたいのは曲がろうとする内側だ。ドライバーの死角になりやすいので、首をふってしっかりと確認する事が大切だ。

  • 正しい運転姿勢

    ハンドル、ブレーキを確実に操作することが安全運転の基本である。そのもととなるのが、運転姿勢だ。ここでは、一般ドライバーに正しい姿勢をレクチャーし、その効果を実感してもらう。

  • 運転チェック
    • Part3~20代女性「危険に備える運転」

      細い路地。駐車場の出口。見通しの悪い道などではいつ飛び出しがあるか分らない。そんなとき、私たちはどんな運転をするべきか。危険予測をするだけではなく、運転操作として危険に備える行動をとることがドライバーには求められている。

  • 運転の疲れ

    長時間運転をするドライバーを観察。安全運転を妨げる疲れへの対策は早めの休憩が重要だ。また、車内・車外でできる簡単なストレッチを紹介する。

  • まとめ

    運転に慣れると、誰しもが「しているつもりの安全運転」になってしまう可能性がある。そのことを忘れずに、常に危険への注意力を持ち続けることが大切だ。

死角に潜む危険 —事故事例に学ぶ危険予測・危機回避—  15分版・24分版
  • 15分版
  • 注文番号…SE—149A
  • 制作年…2013
  • 時間…15分
  • 価格…¥50,000【DVD】
  • 24分版
  • 注文番号…SE—149B
  • 制作年…2013
  • 時間…24分
  • 価格…¥70,000【DVD】
    (一財)全日本交通安全協会 推薦

車を運転していて、突然視界に人やバイク、自転車などが飛び込んできて、ヒヤリ・ハットしたことはありませんか。車の運転に必要な情報のほとんどは目によって得られると言われ「見る」ことがいかに重要かを示しています。しかし運転者から見ることのできない様々な「死角」があります。そして、その死角が様々な事故を誘発するのです。本交通安全DVDビデオでは、どのような死角があるのか、死角が誘発する事故とはどの様な事故か、事故事例を検証し、危険予測と回避の方法を具体的に分りやすく描き、安全運転を訴えます。

【24分版】

  • プロローグ〜車の運転と死角
  • 他車が作る死角
    • 事故事例①…信号機のある交差点での右直事故 対向右折車の影から二輪車が
    • 事故事例②…交差点でのサンキュー事故 直進二輪車と右折四輪車

    ヒヤリ・ハット

    • 事例①…信号機のある交差点 停車中の車が作る死角から歩行者が
    • 事例②…駐車車両の影から子どもの飛び出し 生活道路、駐車車両による死角
    • 事例③…大型車に追従、あわや信号無視

    他車が作る死角…まとめ

  • 自分の車の死角(構造上の死角)

    車の構造上、運転者から見えない部分(死角)が数多くあります どの様な危険がひそんでいるか、検証します

    • 車の前後の死角
    • ピラーによる死角
    • サイドミラーに映らない死角
    • 事故事例・・・左折時、二輪車巻き込み事故

    構造上の死角…まとめ

  • 道路の形状が作る死角
    • 事故事例…信号機が無く、見通しの悪い交差点 四輪車同士の出会い頭事故
    • カーブミラーに映らない死角
    • 身近にある障害物による死角
    • カーブによる死角
    • 坂道による死角

    道路の形状が作る死角…まとめ

  • 夜は危険がいっぱい
    • 夜間の様々な危険場面、安全運転のポイント
  • エピローグ〜死角に潜む危険を予測・回避する運転を
    • 実写とCGを組み合わせ、危険予測と回避の方法をシミュレーションする

      「見えなくても大丈夫」は禁物! 死角には危険がひそんでいると思い、常に心を引き締めてハンドルを握りましょう


【15分版】・・・24分版の青字部分をカットした内容になっています。

舞の海秀平と危険予測の技を磨く!
  • 注文番号…KH—115
  • 制作年…2013
  • 時間…24分
  • 価格…¥70,000【DVD】
    (一財)全日本交通安全協会 推薦

道路やその周辺に潜むさまざまな危険。この危険を予測できるかどうかで交通事故に遭う確率は変わってきます。この交通安全DVDビデオでは元力士の舞の海秀平さんが実際にハンドルをにぎり、タクシー会社の教育担当責任者から危険予測と安全運転のポイントを教わっていきます。是非、皆さんもハンドルを手放すその日まで、安全運転の修行を続けてください。

  • 左折時のポイント
    • 左後方の死角
    • あらかじめ道路の左端へ車を寄せる
    • 横断歩道 など
  • 右折時のポイント
    • 対向車の陰
    • 横断歩道
    • バイクとの距離
  • 一時停止
    • 必ず一旦止まって左右の安全確認
    • 標識が無くてもスピードを落とす
  • カーブミラーの死角
    • ミラーは全てを映しているわけではない
    • 必ず自分の目で安全を確かめる
  • 街中に潜む危険を予測する
    • お年寄りや子ども
    • 学校や公園の側
    • 駐車車両や渋滞車両の陰
    • 自転車
無事故でGO!セイフティ・ドライブのポイント —慣れと油断が事故を招く—
  • 注文番号…T—154
  • 制作年…2013
  • 時間…19分
  • 価格…¥66,000【DVD】
    (一財)全日本交通安全協会 推薦

ドライバーへ向けたドラマ形式の交通安全DVD教材です。写真クラブの仲間、源さん(67)、サブ(35)、マスター(27)の3人が、交代で車を運転しながら目的地の温泉に到着するまでの姿を、ロードムービー風に描きます。道中の様々なヒヤリハット場面をもとに、安全運転のアドバイザー“Dr.ドライブ”が視聴者に正しい運転の仕方や安全運転5則などの交通ルールを示していきます。「慣れと油断が事故を招く」とドライバーが認識し、自身の運転を見直すきっかけになることを狙いとした作品です。

  • 一時停止で歩行者の安全を守る

    サブの運転する車が、信号のない交差点を一時停止せずに通過しようとします。すると横から小学生が歩いてきました。間一髪急停車する車。一時不停止は道路交通法違反です。

  • 交差点では必ず安全確認

    交差点を通行する時は、他の車や歩行者・自転車に気を配りながら、出来るだけ安全な速度と方法で進みましょう。また正しい左折・右折の方法をCGで示します。

  • 高速道路の走り方

    サブに代わって運転するマスター。ETCレーンの通過、車間距離のとり方など、高速道路の走行で気をつけるべきことを解説します。

  • 安全速度を必ず守る

    道路を走るとき、制限速度は必ず守りましょう。車はすぐに止まれません。Dr.ドライブがスピードと停止距離の関係を解説します。

  • 高齢者の起こす事故の傾向

    源さんが「俺が運転する」と言い出します。高齢だからと心配するサブとマスター。高齢者の起こす事故の一般的傾向を示し、気を付けるべき点を解説します。

  • カーブの走り方の基本

    カーブに走り方の基本を説明。また、「だろう運転」の危険性を警告します。

  • 夜間走行の注意点

    外も暗くなり、いよいよ温泉も近づいてきました。夜間運転で気をつけることを解説します。

  • エコドライブを心がける

    エンジンブレーキを上手く使いましょう。エコドライブは環境対策のみならず」、安全運転にもつながります。

さあ、3人は無事に温泉に到着できたでしょうか?今日一日の運転を振り返って、源さんが自戒を込めて「安全運転5則」を力説します。

災害時、ドライバーはどう生き残るか —忘れない!東日本大震災が教えてくれたこと—
【監修・指導 社団法人 日本交通科学協議会】
  • 注文番号…ST—129
  • 制作年…2013
  • 時間…28分
  • 価格…¥46,000【DVD】

地震、津波、火災などの大災害が起きた時、ドライバーはどんな事態に遭遇するのか。東日本大震災・被災地のドライバーの皆様のご協力をいただき撮影した貴重な証言に専門家の分析や意見、そして実験映像などを加え、災害時にドライバーがどのように行動すればいいのかを分りやすく描いています。

  • ①地震の場合、ドライバーはどう行動すればいいか
    • 「道路が波のように揺れて、ハンドル操作は無理」3.11当日運転していたタクシー運転手の証言(岩手県大船渡市)
    • 地震時のドライバーの行動について石田敏郎教授(早稲田大学安全工学研究室)のアドバイス(急ブレーキ、急ハンドルを避け、左に寄せる。ラジオなどで情報収集をする)
    • 放置車両が道を塞ぎ、他の車が通行できない事態になったらどうするか。(車両の撤去は何人で可能かの実験・茨城県下館自動車学校において)
  • ②津波の場合、ドライバーはどう行動すればいいか
    • 車を、家を津波が襲う恐怖の瞬間(岩手県宮古市)
    • 「渋滞で動けないところに津波が来て、のまれて亡くなった」被災地のドライバーの証言(宮城県石巻市)
    • 車の水没実験でわかったこと。シートベルトが外れない。窓が開かない。緊急脱出するには?相川潔氏(くるま総合研究会代表)が語る生き残るためのポイント
  • ③火災の場合、ドライバーはどう行動すればいいか
    • 地震の後は火災が発生。空から見た大規模火災(宮城県気仙沼市)
    • 車両火災の実験でわかったこと。車は鉄の塊だがいったん火がつくと・・・タイヤの破裂音でパニックにならずに落ち着いて対処する。
  • ④緊急事態、人間の心理と行動はどうなるか
    • 迫る津波!「逃げる人と車」必死の避難現場を捉えた衝撃映像が教えてくれたこと(岩手県陸前高田市)
    • 緊急時、人間の心理と行動にどんな変化が現れるか。大久保堯夫・日本大学名誉教授(労働生理学)のアドバイス。
  • ⑤普段からの心構えで大切なこと

    岩手県・陸前高田自動車学校の指導員がアドバイス。緊急時マニュアル通りにはいかない。だからこそ避難訓練を繰り返しておくことが大事である。災害はいつ、どこで起こるかわからない。災害を来てほしくない災いとして考えるのではなく、生活の一部ととらえ、常に心の中で備えておく。防災用品の一例、私はこんな防災用品を車に積んでいる。緊急脱出用工具を常備しよう。

  • ⑥生き残るために

    生き残るためには、的確な状況判断と臨機応変な対応が求められる。災害時、ドライバーが生き残るかどうか。それは緊急事態の中で、何を読み、どう行動するか、そして日頃からどう備えているかにかかっている。緊急事態だからこそ、「連携」と「協力」を!一人ひとりのかけがえのない命をみんなで支えあうことができるような社会を目指すこと、それが東日本大震災の尊い犠牲に学ぶことではないだろうか。

セルフコントロールで事故防止!—運転適性と交通事故—
  • 注文番号…SE—147
  • 制作年…2012
  • 時間…21分
  • 価格…¥66,000【DVD】

あなたは貴方自身の性格を知っていますか。人間の性格は十人十色、ドライバーにも同じことが言えます。
悲惨な交通事故の多くが、ドライバーの特徴や性格に起因していることを、ご存じでしょうか。
本DVDでは、事故を引き起こしやすい性格のタイプを明らかにし、どのようにしたらこうした自分の癖や性格の欠点を補い、事故を未然に防ぐことが出来るか、タイプ別に分かり易く解説しています。

  • プロローグ

    ドライバー自身が自分の運転の癖や欠点を客観的に知ることは容易ではありません。 そのために、運転適性検査を受けることは有効な手段と言えます。 実際にどの様な性格が事故に結びつき易いのか見えてきます。

  • ケーススタディ

    ○性格別の起こしやすい事故事例とアドバイス

    • ①自己中心的な人
    • ②せっかちな人
    • ③神経質な人
    • ④自身過剰な人

    ○その他の性格や特徴

    • ①細やかさに欠け、楽天的な人
    • ②感情高揚性の強い人
    • ③自己顕示性の強い人
  • エピローグ

    自分の運転の癖や性格を正しく知ること。そしてその性格を自分自身でコントロールして運転する事、それが悲惨な交通事故を未然に防ぐ第一歩なのです。

交差点、その運転では事故になります!
どう防ぐ交差点事故 —事故現場に学ぶ—
  • 注文番号…ST—127
  • 制作年…2012
  • 時間…24分
  • 価格…¥60,000【DVD】

様々な車両や人が行き交う交差点は事故がもっとも多い危険な場所です。全交通事故の50パーセントを超える件数が交差点とその付近で発生しています。交差点で事故を起こすのはどのような運転でしょうか、どのような運転をすれば交差点事故を防ぐことができるのでしょうか。この交通安全DVDでは、実際に発生した交差点事故の貴重な映像をもとに、事故原因を探り、交差点事故を防ぐために注意すべきポイントを紹介するとともに、一般ドライバーの安全運転をより確かなものにするために、交通ルールを守ることの大切さも合わせて訴えています。

  • 今日も発生している交差点事故

    交差点は、直進、右折、左折と様々な車が通る。車だけではなく、自転車やバイク、歩行者も交差点を通過する。それだけに事故発生のリスクも高い。実に交通事故の半分以上が交差点とその付近で起きている。

  • 交差点事故を防ぐために

    「交差点は事故が最も多い危険な場所である」これは自動車教習所でも念入りに指導される。またタクシー会社の運転のプロたちも交差点の危険については繰り返し学んでいる。タクシー会社の交通安全担当の専門家は、事故を繰り返すドライバーは、交差点での運転の仕方に、ある特徴が見られると指摘する。

  • 実際に発生した交差点事故からの教訓

    交差点で多い事故は、追突、出会い頭、右折時、左折時である。実際に発生したこれらの事故の貴重な映像を手がかりに交差点事故防止に役立つポイントを学ぶ。

    • 事故現場に学ぶ①信号機のある交差点での追突事故
    • 事故現場に学ぶ②信号見落としの車との衝突事故
    • 事故現場に学ぶ③一時停止無視の車との衝突事故
    • 事故現場に学ぶ④交差点での右折・左折の事故
    • 事故現場に学ぶ⑤優先道路を走行中の車にわき道から出てきた車が衝突
  • 交差点での危険を予測し、交通ルールを守る 交差点事故防止のポイントはどれも当たり前のように思えるが、確実に行うことは決して簡単ではない。長年、無事故のドライバーたちは運転時にどんな注意をしているのだろうか。

  • より確かな安全運転のために 交差点での危険を予測し、交通ルールを守ることが安全運転の大切なポイントである。これに是非とも加えたいのが、「思いやり」と「譲り合い」の気持ちである。「どうぞ」「ありがとう」のコミュニケーションをとることで、お互いに気持ちのよい、より安全な交通社会が生まれるからである。

ドキュメント交通事故 衝突!安全への過信 —油断・不注意・思い込み—
【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
  • 注文番号…PA-101
  • 制作年…2012
  • 時間…24分
  • 価格…¥80,000【DVD字幕選択式】

繰り返される交通事故。車は便利で快適な乗り物であると同時に使い方次第では人命を脅かす凶器にもなります。ある都市での交通事故密着取材を行い、多くの事故現場をカメラに収めました。交通ルール違反による追突事故、交差点事故、自転車、二輪、歩行者との事故を取り上げ、事故事例を検証し事故原因を探るとともに、安全運転のポイントを強く訴えます。

奪われた夢  —危険への想像力で事故を防ぐ—
  • 注文番号…ST—126
  • 制作年…2011
  • 時間…24分
  • 価格…¥70,000【DVD】

人は時に交通ルールを破り、危険な運転をします。それは「自分は事故を起こさないだろう」と思っているからではないでしょうか。では想像してみてください、もし、自分が事故の当事者になったら・・・。その時、人はどれだけその一瞬の出来事を悔やむことでしょうか。事故を他人事として考えず、いつ、どんな状況においても危険があるかもしれないとイメージする。そんな「危険への想像力」を持って、交通ルールを守って運転すれば、交通事故は防ぐことができるはずです。
この交通安全教育DVD・ビデオでは、交通事故によって夢を奪われた家族への取材を通して、視聴者に事故の悲惨さを今一度考えてもらい、安全運転の重要性を訴えます。さらに、ドライブレコーダーがとらえた事故映像をもとに、交通事故を防ぐためのポイントを解説していきます。

  • 事故被害者の取材 交通事故によって奪われた夢・・・。

    個人タクシー開業の夢を目前にして、交通事故に遭った夫。重度の後遺症(高次脳機能障害)に苦しむ夫を支える妻。人生を一変させてしまった惨劇。再現映像やインタビューを交えながら、交通事故の恐ろしさを描きます。

  • ドライブレコーダーの事故に学ぶ 「危険への想像力」で事故を防ぐ
    • 【1】バイクとの事故
      • 交差点左折時、バイクの巻き込み事故
      • 車のミラーの死角を検証
      • バイクへの注意点
    • 【2】自転車との事故
      • 「一時停止」の表示がある交差点
      • 自転車との衝突事故
      • 「一時停止」の正しい通行方法とは
      • 何台の自転車が「一時停止」を守るのか?観測調査を実施、自転車への注意点
    • 【3】歩行者との事故
      • 交差点右折時、横断歩道付近での歩行者との事故
      • 道路交通法に定められた歩行者保護のルール
      • 多発する高齢歩行者との事故と高齢歩行者の特性
    • 【4】夜間の事故
      • 夜間、道路を横断する自転車と衝突
      • 蒸発現象と、その対応
      • 夜間こそ「かもしれない運転」で慎重に
    • 【5・6】ドライバーの急ぎや考え事から起きた事故
      • 単純な見落としミスによる事故
      • 急ぎ、考え事、疲れ、そんな時にミスはおきやすい
      • 安全に運転できるような自己管理が大切
どう防ぐ高速道路事故 —危険予測と安全確認—
  • 注文番号…EG—114
  • 制作年…2012
  • 時間…24分
  • 価格…¥65,000【DVD】

ドライバーにとって高速道路は、速く走れて、とても便利です。しかし、そこは時速80?100キロの世界。ちょっとしたミスで事故を起こすと、死亡事故につながる大惨事となります。交通事故の原因は、一言で言いつくされるものではありません。道路にも天候によっても左右されますが、事故防止の最大のカギは、ドライバー自身の危険予測と安全確認です。そして高速道路走行には、ドライバー自身が必ず守らなければならない「高速安全運転5則」があるのです。この交通安全DVDでは、B級ライセンス取得者でもある女性ドライバーに実際に高速道路を運転してもらい「高速安全運転5則」のポイントを徹底的に検証していきます。また、高速道路では、単純走行だけに睡魔に襲われることも、たびたびあります。その危険性についても実験でとらえ、眠気に襲われたら、すぐに運転を止めることを強く訴えます。

  • ハイスピード運転の危険性:車の衝突時の衝撃実験・走行速度は常に80—100Km
    • ①安全速度を守る
      • 走行が高速になるに従い狭まる視野
      • スピードとハンドル操作の実験
    • ②十分な車間距離をとる
      • 高速道路事故の3分の2は追突
    • ③割り込み運転をしない
      • 割り込みをされて危険な状況を再現
    • ④わき見運転をしない
    • ⑤路肩走行をしない
      • 渋滞している時でも路肩走行はしない
      • 常に高速道路での落下物に注意を払う
  • 最も危険な居眠り運転

    正常運転と居眠り運転のドライバーの目の動きを実験で比較。判断力の低下は歴然、居眠り運転を未然に防ぐために、睡眠不足を感じた時は、運転をひかえ、サービスエリア等で仮眠をとろう。最後に「高速安全運転5則」をもう一度復唱して終わる。

  • 高速安全運転5則
    • 安全速度を守る
    • 十分な車間距離をとる
    • 割り込み運転をしない
    • わき見運転をしない
    • 路肩を走行しない
もしやり直せるなら —グッドドライバーへの道—
  • 注文番号…T—114
  • 制作年…2012
  • 時間…22分
  • 価格…¥66,000【DVD】

平成24年度から、交通安全講習時に使用する教本の内容が改訂されました。危険予測の心構えや危険予測の方法、死角によって生じる危険回避など、基本的な安全運転の方法だけでなく、高齢ドライバーの特性を知ることや、事故発生時の救急救護についてもその重要性に触れています。また、最新の車両技術について知ること、交通公害、地球温暖化の防止など、交通社会の一員として、社会的責任を果たすことも教示されています。この交通安全映像教材は、こうした最新の情報を網羅し、なおかつ交通事故の悲惨さを視聴者の皆さんの心に訴えかけ、揺さぶり、安全運転の大切さを強く印象付けるドラマ形式の教材です。

【主な内容】

テレビレポーターの山内良夫は、飲酒運転でひき逃げされた女性についての現場レポートを終え、自宅に向かう途中、車の陰から飛び出した女性を轢いてしまう。状況が理解できずにあわてふためく事しかできない良夫だったが、そこに突然謎の女性が現れる。良夫に代わって的確な応急手当てを続ける謎の女性を前におろおろとするばかりの良夫だったが、急にラッパの音が鳴り響くと、突然、時が巻き戻りだした・・・。


  • グッドドライバーへの道 事故発生時の救急救護

    事故が起きた場合には、まず被害者の命を第一に考えましょう。

    • 警察と消防への通報
    • 応急手当と心肺蘇生法(気道確保・胸骨圧迫)
  • グッドドライバーへの道 危険予測運転と事故の原因

    常に危険を予測しながら、適度な緊張感をもって運転しましょう。

    • 危険予測の方法-死角や視覚を用いて、絶えず運転に必要な情報を捉える。
    • 事故の主な要因-焦り、怒り、疲れ、驕り
    • 交通事故を起こした違反の70%が運転者の気持ちの問題が原因。
  • グッドドライバーへの道 高齢ドライバーの特性を知る
    • 年齢を重ねると、身体機能の低下で視力や反応の速さ、正確さが低下します。高齢者の目線でドライバーとしての特性を確認しましょう。
  • グッドドライバーへの道 環境にやさしい運転と自動車の先進技術を知る
    • 知っていますか?「エコドライブ10のすすめ」

      交通公害・地球温暖化の防止に努めましょう。

    • 知っていますか?「先進安全自動車(ASV)」

      最新の車両技術を学びましょう。

一秒のミス 心のミス —危険予測と安全確認—
  • 注文番号…EG—105
  • 制作年…2011
  • 時間…19分
  • 価格…¥65,000【DVD】

この交通安全DVD・ビデオには、B級ライセンスを持ち、様々なサーキットレースの競技会にも挑戦している女性ドライバーがレポーターとして登場します。ドライビングレコーダー映像や再現映像で、危険な場面を検証し、その後、レポーターの運転で常に危険予測をした、安全走行を示します。

  • 歩行者に対しての危険予測

    ドライビングレコーダーでとらえられた子どもと飛び出し。あわや大事故という危機一髪の瞬間。再現映像で子どもや高齢者に対しての危険予測ポイントを解説します。

  • 自転車に対しての危険予測

    渋滞した対向車線の切れ間からの自転車の飛び出し!自転車の男性が、走行中の車に激突するドライビングレコーダーの衝撃映像です。自転車の特性と危険予測のポイントを解説しています。

  • 交通量の少ない道路での危険予測

    ドライビングレコーダーでとらえた交通量の少ない道路を走行中の映像。突然、わき道から子供の自転車が、猛スピードで飛び出してきて激突!交通量の少ない道路や通り慣れた道では警戒心が薄れ、油断が生じやすい。危険を予測していつでも止まれるスピードで走行することが重要です。信号のない交差点での安全のポイントも解説します。

  • 信号のある交差点付近での危険予測

    最近事故を起こした運転歴15年のAさん。事故を起こした交差点で、なぜ事故を起こしたのか語っていただきます。交差道路で渋滞中の車が道を譲ってくれたため、急いで発進。停まってくれた車の隣の車線を走行してきたバイクと衝突してしまった。車が道を譲ってくれると「早く通過しなければ」と焦りが生まれ、その結果、危険予測がおろそかになり、事故を起こすケースも多いのです。Aさんは「物の陰とか、停車車両の死角を予測した運転を心がけるようになりました」と語ります。

  • 信号のある交差点での危険予測

    大きな交差点では、対二輪車との右折時の事故や左折時の巻き込み事故が目立っています。四輪車、二輪車それぞれの視点に立ってみますと、事故が起きる直前まで、お互いに相手は死角に入り、全く見えないことがわかります。四輪ドライバーから見える四輪車と二輪車の距離感の違い、バックミラーでは二輪車が死角に入りがちな事なども、走行実験により検証していきます。

ドライバーのための 安全運転の基礎知識
  • 注文番号…T—147
  • 制作年…2011
  • 時間…60分
  • 価格…¥80,000円【DVD】

この交通安全指導用DVDは、これまでにないコンセプトで開発された交通安全教材DVDです。ドライバー向け講習で必要な内容を、13のテーマに分けて1枚のDVDに収録していますので、講習の内容に沿って、必要なテーマの映像だけを上映することが可能です。
それぞれの映像は大切な項目に絞って5分前後とコンパクトにまとめられているので、限られた講習の時間を、より有効に活用することができます。

  • ☆チャプター① かならず守ろう安全速度 【5分】

    車の停止位置を検証する実験を行い、「車は急に止まれない」ことを明確に示します。制限速度を守るのは当然のこととして、さらに、その時どきの路面状況や交通状況に応じて、ドライバーが自分自身で「安全な速度」を見極めることの大切さを解説します。

  • ☆チャプター② カーブでの安全走行 【4分】

    カーブ走行で特に気を付けなければいけないのが遠心力です。テストコースでの実験を通して、速度やカーブ半径が車に及ぼす影響を検証します。また、カッティング走行の危険性などにも触れ、カーブでの安全走行のポイントを紹介します。

  • ☆チャプター③ 横断歩行者の安全を守る 【4分】

    歩行者に関わる交通事故の多くは、歩行者の横断中に発生しています。横断歩道のある場所、ない場所、バス停の近くや通学路など、いくつかのケースを取り上げて、徐行運転や一時停止がなぜ大切なのかをわかりやすく解説します。

  • ☆チャプター④ 交差点での安全走行 【4分】

    車や自転車、歩行者が行き交う交差点は、特に事故の危険が多い場所です。信号のない交差点での一時停止違反、信号のある交差点での右直事故や左折時の巻き込み事故など、交差点事故の典型例を挙げ、気を付けるべきポイントを示しています。

  • ☆チャプター⑤ 飲酒運転は絶対しない! 【5分】

    飲酒運転は、まさに犯罪!2人のサラリーマンが飲酒運転事故を起こすまでの心の葛藤をドラマ形式で描き、心の弱さが悲惨な結果をもたらすことを強く印象付けます。 *既刊作品「危険な心が事故を呼ぶ」の映像を用いて再構成しています。

  • ☆チャプター⑥ 夜間の安全運転 【4分】

    夜間の運転では、無灯火の自転車や目立たない服装の歩行者など、多くの危険があります。前照灯の光が届く範囲と停止距離の関係を示す実験を行い、夜間のスピードの危険性を明らかにします。蒸発現象などにも触れ、夜間運転のポイントを示します。

  • ☆チャプター⑦ 高速道路での安全運転 【7分】 

    一般道よりも安全に設計されている高速道路ですが、運転を誤ると重大事故に直結します。安全な車間距離、余裕を持った追い越しの仕方といった運転方法の解説に加え、ゆとりを持った運転計画や休憩の大切さなど、安全な高速道路利用の心得を紹介します。

  • ☆チャプター⑧ 冬道の安全運転 【5分】

    凍った路面での停止距離、アイスバーンの危険、片勾配のカーブでの危険など、冬道運転の要注意ポイントを改めてチェック。冬の季節に必見の映像です。 *既刊作品「なぜあの時・・・(雪道編)」の映像を用いて再構成しています。

  • ☆チャプター⑨ 危険を予測する運転 【6分】

    安全運転に欠かすことのできないもの、それは危険を予測する能力です。通り慣れた交差点、駐車車両の陰、サンキュー事故・・・さまざまな交通場面での危険予測のてがかりを示し「かもしれない運転」に必要な危険予測能力を高めます。

  • ☆チャプター⑩ 身体機能と運転 【4分】

    身体機能の定価は、運転に必要な認知・判断・操作に大きく影響します。動体視力、順応と眩惑などの視力に関する注意点、また反射的反応動作と年齢の関わりなどを取り上げ、身体機能の変化がどのように運転に影響するのかを解説します。

  • ☆チャプター⑪ 年齢と運転の特性 【5分】

    高齢ドライバー、若年ドライバーそれぞれに見られる特性を、事故の統計などを元に解説。自分にどんな傾向があるのかを考えるヒントを示します。新たに導入された講習予備検査(認知機能検査)についても触れています。

  • ☆チャプター⑫ やっていますか?車の点検 【3分】

    思わぬトラブルを招くのが車の故障。まめに点検をして車の状態を良好に保ちましょう。誰でもできる車の点検のポイントを分りやすく紹介します。

  • ☆チャプター⑬ シートベルトとチャイルドシート 【4分】

    命を守るために大きな効果を持つのが、シートベルトとチャイルドシートです。シートベルトやチャイルドシートの効果を示し、正しい着用方法について詳しく解説していきます。


特に基本的な内容である、チャプター①〜⑤を連続再生して、上映時間22分の交通安全教材としてもご利用いただけます。

ドライブレコーダーから学ぶ 事故防止のポイント—ある営業マンの体験から—
  • 注文番号…KH—112
  • 制作年…2011
  • 時間…18分
  • 価格…¥70,000【DVD】

交通事故は個人の問題では済まされません。就業中の事故であれば、勤務先の企業にまで大きく影響が及びます。
この交通安全DVD・ビデオでは事故を起こしてしまった営業マンと教師役のタクシードライバーのミニドラマをもとに、ドライブレコーダーの映像から事故防止のポイントを学んでいきます。ドライバーが「絶対に事故を起こさない!」という強い決意を持つように訴えかけます。

【主な内容】

  • 交差点で起こりやすい事故
    • ◆横断歩道上の歩行者に注意!
    • ◆対向車の死角に注意!
    • ◆ルームミラーやサイドミラーの死角
    • ◆バイクや自転車などの巻き込みに注意! など
  • 油断や余裕のない運転
    • ◆一時停止を無視したために自転車と衝突
    • ◆左右の確認不足による事故
    • ◆携帯電話をしながらの運転の禁止
    • ◆油断はさまざまな事故を引き起こす など
  • 歩行者の行動を予測する
    • ◆縦列駐車の陰から女の子の飛び出し
    • ◆対向車線から男の子が
    • ◆まさかと思うような動きをする歩行者
    • ◆歩行者を守るのもドライバーの義務 など
ドライブレコーダーの証言—危険予測を学ぶ—
  • 注文番号…SE—144
  • 制作年…2011
  • 時間…23分
  • 価格…¥70,000 (字幕版とも)【DVD】

ドライブレコーダーの普及は、事故の原因や責任をハッキリさせるとともに、そこに映し出されているヒヤリ、ハットした映像や事故の映像を分析することによって、よりリアルな交通安全教材として、各方面での活用が期待されています。この交通安全教育DVD・ビデオでは、ドライブレコーダーの映像をもとに、事故の原因を探り、問題点を明らかにし、正しい運転の方法を再現して、事故を未然に防ぐ、危険予測の方法を学べるよう構成し、安全運転を訴えます。

  • 交差点の危険
    • ①信号機のある交差点の場合・信号無視・右直事故
      • 信号は必ず守る
      • 青信号であっても油断しない
      • 対向車の影などの車両に注意
      • 横断歩道上の歩行者などに注意
      • 減速し十分な安全確認
    • ②信号機のない交差点の場合・出会い頭事故
      • 優先道路であっても油断しない
      • 一時停止は必ず守る
      • 減速・徐行で安全確認
  • 直線道路の危険
    • ☆無理な車線変更による追突事故
    • ☆夕方、小雨、上り坂での追突事故
    • ☆夜間の追突事故
    • 無理な車線変更をしない
    • わき見運転や漫然運転をしない
    • 十分な車間距離と安全速度を守る
    • 予告ブレーキや早めのウィンカーで合図
  • 生活道路の危険
    • ☆生活道路は危険がいっぱい
    • ☆子どもや高齢者の思いがけない行動
    • ☆歩行者感覚の自転車等々
    • 速度を落とし安全確認を徹底する
    • 死角に潜む危険を予測する
    • 常に慎重な運転を心がける
もっと減らせる!交通事故—プロに学ぶ安全運転—
  • 注文番号…ST—124
  • 制作年…2010
  • 時間…23分
  • 価格…¥70,000【DVD】

多くの交通事故は、「大丈夫だろう」運転の見込み違いが原因で起きている。危険を予測し回避する「危険かもしれない」運転こそが交通事故防止の決め手である。これは交通事故防止の真理と言える。社会の超高齢化、自転車の増加、そして情報機器の急速な普及などにより交通事故の様相も変化している。
そんな中、たゆまぬ努力で無事故を達成しているプロドライバー達がいる。彼らはどうやって見込み違いが原因の事故を防いでいるのだろうか。また「かもしれない」運転をどう実践して、危険を回避しているのだろうか。
この交通安全ビデオ・DVDは、プロドライバーたちの交通事故防止の極意を紹介し、一般ドライバーの安全運転に役立ててもらい、交通事故をさらに減らす一助になることを願い制作された。

  • 多くの事故は見込み違いが原因で起こる 今人気のある激流川下り「ラフティング」楽しいスポーツだが危険も伴う。事故防止の ポイントは危険はない「だろう」ではなく、ある「かもしれない」の姿勢だ。「大丈夫だ ろう」の見込み違い、一瞬の不注意が事故につながる点では運転と似ている。
  • 交通事故ゼロを目指して

    交通事故による年間の死者数が減っているのは喜ばしいことである。しかし一方で交通事故による死者の約半数を高齢者が占め、その割合も増えているという現実もある。急増する自転車が関連する事故、運転中のナビ操作や携帯、メールなどが原因の事故も発生している。交通事故ゼロを目指して運転のプロたちも様々な交通事故防止の努力を重ねている。あるタクシー会社ではドライブレコーダーが捉えた事故映像を使用し、事故防止研修会を行っている。

  • 運転のプロが一般ドライバーの運転をチェック

    見込み違いや一瞬の不注意が取り返しのつかない事故になる。運転経験の浅い一般ドライバーの運転をベテランの運行管理者にチェックしてもらうと・・・わずか2キロの走行でも実に多くの不注意が指摘された。こうした不注意を自覚して運転することが安全運転へつながる

  • プロに学ぶ安全運転(優良運転者が実際の事故を分析・解説)

    秋田タクシーの秋田隆さんは25年無事故・無違反の優良運転者である。表彰状・感謝状の数も数え切れない。その秋田さんに実際に起きた交通事故の映像を見ながら、件数の多い追突事故、出会い頭事故、右直事故について分析、解説してもらう。

    • ◎事故例① 「追突」

      雨の夜、高架を下ってきた乗用車が、合流地点で前の車に追突。下り坂では思っている以上の速度が加わる。これぐらいの速度なら大丈夫「だろう」という見込み違いが事故の原因になった。雨の夜は速度を控えめに、車間距離も普段よりあけておくべきだった。

    • ◎事故例② 「出会い頭事故」

      信号のある交差点での出会い頭事故。「青信号だから行ける」と交差点に進入した車が信号無視の車と衝突した。こちらが優先でも事故に遭えば、取り返しがつかない。信号が青でも安全を確かめてから交差点に入る慎重さが大切である。

    • ◎事故例③ 「右直事故」

      右直車と直進車の衝突事故。直進車が来る前に右折できる「だろう」という見込みが外れて事故になった。直進車が思ったより早く来る「かもしれない」、車の陰に別の車や、バイクがいる「かもしれない」という慎重な運転が事故を防ぐ。

  • プロドライバーが実践する安全運転の極意とは?

    運転のプロ・秋田さんが、今度は実際に運転をしながら「だろう」運転がいかに危険であるかを解説し、さらに「かもしれない」運転によって危険な事故を防ぐ具体例とポイントを示す。また大型貨物車、バス、タクシーなど様々な運転のプロたちの一般ドライバーへの事故防止アドバイスも収録。

交通安全への意識と行動
  • 注文番号…KH—111
  • 制作年…2010
  • 時間…23分
  • 価格…¥70,000【DVD】

車を運転している以上、事故にあう確率をゼロにする事はできません。
しかしドライバー自身の心構えで事故にあう確立を減らす事はできます。
この作品では交通事故経験者の取材を通し、事故発生状況と事故後の安全運転への意識と行動を紹介していきます。

  1. ドライバーの事故体験から
    • 車の陰から出てくる車や人に注意
      左右の確認は二度見る!一度では見えない死角がある!
    • ミラーの死角に注意
      事故から学ぶ、死角の確認と正しい車線変更のしかた
  2. 高齢者を守ろう
    • 視覚機能の衰えが動作の遅れにつながる
      高齢ドライバーの視覚機能を検証し、高齢ドライバーを保護する事の重要性を解説
    • 高齢者マークの表示車への保護について
      高齢者マーク表示の車に対し、幅寄せや割り込みの禁止
  3. 後部座席シートベルトの重要性
    • JAFユーザーテストの映像
      後部シートベルト不着用時の危険性と警告
    • 交通事故被害者とその家族からの警告
      交通事故被害者の家族が語る、事故後の家族の苦悩と警告
    • 事故の後遺症、高次脳機能障害
      英会話学校でリハビリ(言語療法)に励む明子さん
無事故の法則 — 車を凶器にしないために— 22分版
  • 注文番号…T—138
  • 制作年…2010
  • 時間…22分
  • 価格…¥70,000円【DVD】

多発する交通事故。その多くはドライバーが防ぐことができたものです。人が自ら招く危険をドラマと事故映像(ドライブレコーダー)で構成。交通事故の恐ろしさを伝えます。
そして交通事故を防ぐための安全運転の4つの法則をわかりやすく解説します。

  • 無事故の法則その① 交通ルール

    ドラマ「もし交通ルールがなくなったら・・・」
    ○進入禁止がなくなった道路、車2台がたがいに道を譲らずもめている。
    ○徐行の標識がなくなった道路、歩行者とあわや衝突。
    ・・・など、ドラマを中心に交通ルールの大切さを伝えます。
    交通ルールは、安全運転の基本。

  • 無事故の法則その② 危険予測

    ドラマ
    「自転車の飛び出し」「信号のない交差点」「サンキュー事故」
    ドライブレコーダー映像による危険予測設問
    「交差点の死角」「対抗車両の死角」「信号待ちの車の死角」「視界が悪い日」
    どこに危険が潜んでいるかを常に予測しながら運転する。

  • 無事故の法則その③ 平常心

    ドラマ
    ○あせり、おごり、怒り、慣れなどドライバーが危険を自ら招く心理状況を解説
    ○ドライブレコーダー 自転車との事故映像
    常に平常心を持って運転することが大切

  • 無事故の法則その④ 平常心

    ドラマ
    ○疲れや眠気は、運転の大敵
    体調管理はドライバーの務め

無事故の法則 — 車を凶器にしないために— 15分版
  • 注文番号…T—139
  • 制作年…2010
  • 時間…15分
  • 価格…¥50,000円【DVD】

多発する交通事故。その多くはドライバーが防ぐことができたものです。人が自ら招く危険をドラマと事故映像(ドライブレコーダー)で構成。交通事故の恐ろしさを伝えます。 そして交通事故を防ぐための安全運転の4つの法則をわかりやすく解説します。

  • 無事故の法則その① 交通ルール

    ドラマ「もし交通ルールがなくなったら・・・」
    ○進入禁止がなくなった道路、車2台がたがいに道を譲らずもめている。
    ○徐行の標識がなくなった道路、歩行者とあわや衝突。
    ・・・など、ドラマを中心に交通ルールの大切さを伝えます。
    交通ルールは、安全運転の基本。

  • 無事故の法則その② 危険予測

    ドラマ
    「自転車の飛び出し」「信号のない交差点」「サンキュー事故」 ドライブレコーダー映像による危険予測設問
    「交差点の死角」「対抗車両の死角」「信号待ちの車の死角」「視界が悪い日」 どこに危険が潜んでいるかを常に予測しながら運転する。

  • 無事故の法則その③ 平常心

    ドラマ
    ○あせり、おごり、怒り、慣れなどドライバーが危険を自ら招く心理状況を解説
    ○ドライブレコーダー 自転車との事故映像
    常に平常心を持って運転することが大切

  • 無事故の法則その④ 平常心

    ドラマ
    ○疲れや眠気は、運転の大敵
    体調管理はドライバーの務め

  • ドキュメント交通事故 見落とすな!路上の危険・心の危険
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
    • 注文番号…PA-103
    • 制作年…2010
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD字幕版付】

    近年、交通事故は減少しているものの、ドライバーの不注意や交通ルール、マナーに対する心の意識の低さがもたらす事故は絶えません。本作品では実際の事故を見て、その原因や事故防止を考え、ドライバーが必ず守らなければならない交通ルールとマナー向上を十分に認識させ、違反や事故を起こさせないことを目的に制作いたしました。主な事故事例:信号機のある交差点、信号機のない交差点、追突事故、高速道路上の事故、ひき逃げ事故。

    こころが大切 安全運転 〜交通事故ゼロへの願い〜
    • 注文番号…ST—123
    • 制作年…2009
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000 (字幕版とも)【DVD】

    安全運転には、交通ルールの遵守、運転技術、車両知識に加えて運転時の「こころ」のあり方が極めて大切です。この作品は、現実に起きた交通事故の生々しい映像を織り込みながら、走行中は「こころ」を安全運転に集中し、気を緩めず、怒り,焦り、考え事、運転技術の過信などをコントロールすることの大切さを訴えます。さらに9歳の息子を交通事故で奪われた母親の、命への切なる思いと事故ゼロへの願いを描きます。

    • ★安全運転には集中が大切

      正しい「心の持ち方」とは、まず「こころ」を「安全運転に集中」する事です。他の事に気を取られて、こころを集中させないと危険な運転になってしまいます。自動車学校の協力を得て、運転中のドライバーに簡単な計算を質問する走行テストを行なってみると、一時停止をしなかったりするなどのミスが発生しました。

    • ★運転を見ると人柄が分る

      人が乗らない時の車はいわば鉄の塊。人が乗るとその瞬間から意思と感情を持ちます。車はドライバーの「こころ」次第で便利な道具にもなるし、人を殺傷する凶器にもなります。車に乗ると攻撃的になる人は、貝殻に入ると気が強くなるヤドカリのようです。車という自分だけの部屋に慣れて、免許を取った時の緊張感や集中力を忘れてしまわないようにしたいものです。

    • ★交通事故ゼロへの願い

      9歳の息子さんを交通事故で亡くされた布川美佐子さん。事故から十年以上経った今も悲しみは消えません。この苦しみ、悲しみを他の人にして欲しくないとの切実な思いから“交通事故ゼロ”の運動を同じ仲間と供にボランティアしています。全国交通遺族の会事務所の「忘れじの壁」には事故で命を奪われた多くの方々の写真が・・・。

    • ★他者配慮の気持で安全運転を!

      長年交通問題を研究している矢橋昇先生は半世紀も無事故無違反。安全運転でまず大事なことは、運転技術や知識よりも運転に対する考え方、態度であると言い続けてきました。「道路はみんなのもの」他の人と快適に、安全に分かち合う気持(他者配慮)を忘れないことが事故防止には欠かせないと語ります。

    • ★交通事故を防ぐ「こころ」の持ち方

      「気の緩み」、「怒り、焦り、考え事」「運転技術の過信」は安全う運転の大敵です。生々しい事故現場の映像を見ながら「気の緩み」「焦り」「運転技術の過信」などが事故に結びついた例を検証します。

      • 事故例①「気の緩み」

        車間距離を十分にとらなかったため、交差点間近で前車の急減速に対応できなかったトラック同士の追突事故。トラックは前面大破で運転手は病院へ。

      • 事故例②「焦り」

        反対側の書店駐車場に入ろうとして反対車線を横断、後続車も気になり、焦ってハンドルを切ったところ、対向車と正面衝突。ドライバーは大けが、車は大破。

      • 事故例③「運転技術の過信」

        「これくらいの速度なら大丈夫」と不案内の道を猛スピードで走行して信号機に激突。ドライバー救出には工作車が出動した大事故。

    • ★この交通社会をもっと安全で、もっと気持のよいものに

      人間のこころのありようが常に問われるのが運転です。危険は「ないだろう」という安易な運転ではなく「あるかもしれない」というこころで運転する事が大切です。運転中に誰かからされて危険だったり、不愉快だった事は他の人にはしないで、嬉しかった事は他の誰かにもしてあげましょう。交通社会で出会うすべての人を「かけがえのない大切な存在」ととらえて運転するならば私たちのこの交通社会はもっと安全でもっと気持のよいものになるでしょう。

    夜間・雨天時に潜む危険〜その特性と安全運転のポイント〜
    • 注文番号…SE—140
    • 制作年…2009
    • 時間…21分
    • 価格…¥60,000 (字幕版とも)【DVD】

    夜間・雨天など悪条件下での事故は、視界が悪く情報が取りにくいうえに、夜間や雨天特有の危険要因が加わり、重大事故になりやすい。このビデオでは、夜間・雨天時など悪条件下特有の危険要因を明らかにしながら、どうしたら事故は防げるかを考えます。

    • ■プロローグ

      走り慣れたいつもの道でも、昼から夕暮れ時、夜間そして雨天、雪などで道路状況は一変します。漫然と運転していると、思わぬ落とし穴が待ち構えています。

    • ■夜間の危険

      事故事例A・・・ドライバーの勝手な思い込みによる、自転車との出会い頭事故
      ★夜間特有の危険要因・・・ヘッドライトの照射距離と車の速度

      事故事例B・・・交差点右折時、安全不確認による横断歩行者との事故
      ★夜間特有の危険要因・・・ヘッドライトの照射距離(範囲9の限界 その他の危険要因
      ★眩惑 ★蒸発現象(グレア現象)、他

      ◎安全運転のポイント

    • ■夕暮れ時の危険

      人出や交通量がピークを迎え、死亡事故が最も多い時間帯。明るさが急激に変化し、人の目が順応できず運転しづらくなる。また夕暮れ時、歩行者は目の錯覚から物の動きが昼間より遅く感じるので、接近して来る車の速度を読み間違えやすい。

      ◎安全運転のポイント

    • ■雨天時の危険

      路面が滑りやすくなり、スリップ事故が起きやすい。ドアミラーやフロントガラスなどに水滴が付着したり、曇ったりして、視界が悪く運転しづらくなる。

      事故事例C・・・後方の安全確認を怠り、無理な車線変更でバイクと衝突
      ★シミュレーターによる実験・・・濡れた路面と乾いた路面の停止距離
      ★雨の高速道路・・・ハイドロプレーニング現象に注意

      ◎安全運転のポイント

    • ■悪天候時の危険
      • 霧の場合・・・ワンポイントアドバイス
      • 雪道の場合・・・ワンポイントアドバイス
      • ★スキッドと車両の限界・・・安全運転中央研修所の研修から
    • ■エピローグ
    運転者の心得と義務−人にやさしい安全運転− 25分版 (字幕版とも)
    • 注文番号…SE—138B
    • 制作年…2009
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    多発する交通事故。車は便利で快適な乗り物であると同時に、使い方次第では人 命を脅かす凶器にもなります。したがって車の運転には相応の義務と責任が生じ ます。このビデオではドライバーが常識として知っておかねばならない義務と責 任、安全運転の知識を分りやすく解説します。

    • ■プロローグ 交通社会とドライバーの心得
    • ■安全運転の心構え
    • ■安全運転の知識(危険予測と回避の方法)
      • ◎交差点に学ぶ危険予測と回避の方法

        出会い頭事故・右直事故・カーブミラーの死角など

      • ◎夜間に潜む危険と回避の方法 (25分版のみに収録)

        蒸発現象・眩惑など

      • ◎高速道路走行時の注意点 (25分版のみに収録)
      • ◎ドライバーの心に潜む危険 (25分版のみに収録)

        事故に結びつきやすい「あせりの心理」「怒りの心理」など

    • ■運転者の義務
      • ◎シートベルトは必ず着用

        衝突実験の映像を通して、乗員の命を守るシートベルト着用の重要性を解説

      • ◎飲酒運転は絶対にしてはならない

        飲酒運転の危険性、飲酒運転に対してどのような罰則が適用されるか解説。

      • ◎交差点事故を起こした場合の義務と負傷者の応急救護処置

        交通事故を起こした場合の運転者の義務について解説するとともに、負傷者の応急救護処置の手順などについて解説。

      • ◎交通事故を起こした加害者の責任

        交通事故を起こしたり、違反行為をした場合の3つの法的責任について解説。

    • ■エピローグ 安全なドライバーであり続けるために
    運転者の心得と義務−人にやさしい安全運転− 15分版 (字幕版とも)
    • 注文番号…SE—138A
    • 制作年…2009
    • 時間…15分
    • 価格…¥50,000【DVD】

    多発する交通事故。車は便利で快適な乗り物であると同時に、使い方次第では人 命を脅かす凶器にもなります。したがって車の運転には相応の義務と責任が生じ ます。このビデオではドライバーが常識として知っておかねばならない義務と責 任、安全運転の知識を分りやすく解説します。

    • ■プロローグ 交通社会とドライバーの心得
    • ■安全運転の心構え
    • ■安全運転の知識(危険予測と回避の方法)

      ◎交差点に学ぶ危険予測と回避の方法
      出会い頭事故・右直事故・カーブミラーの死角など

    • ■運転者の義務
      • ◎シートベルトは必ず着用

        衝突実験の映像を通して、乗員の命を守るシートベルト着用の重要性を解説

      • ◎飲酒運転は絶対にしてはならない

        飲酒運転の危険性、飲酒運転に対してどのような罰則が適用されるか解説。

      • ◎交差点事故を起こした場合の義務と負傷者の応急救護処置

        交通事故を起こした場合の運転者の義務について解説するとともに、負傷者の応急救護処置の手順などについて解説。

      • ◎交通事故を起こした加害者の責任

        交通事故を起こしたり、違反行為をした場合の3つの法的責任について解説。

    • ■エピローグ 安全なドライバーであり続けるために
    ドキュメント追突事故 交差点事故—事故から学ぶ安全運転—(字幕版とも)
    • 注文番号…SE—134
    • 制作年…2008
    • 時間…21分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    この交通安全DVD・ビデオは、ある都市に24時間体制で交通事故を取材し、多くの事故現場をカメラに収めるところから制作を始めました。
    今回の取材では、追突事故と交差点事故が多く発生。取材件数28件。そのうち追突事故が10件、交差点事故が12件発生しました。そこで、ここでは追突事故と交差点事故を取り上げ、どうして事故がおきたのか?事故を防ぐためにはどうしたらいいのか?を検証、安全運転のポイントについてCGを交え、分かりやすく解説しています。

    追突事故

    • 事故事例①トラック同士の事故(早朝)
    • 事故事例②車両4台の玉突き事故(夕暮れ時)
    • 事故事例③車両3台の事故(夕暮れ時)

    ①は、車線変更をしようと、左後方の車両に気をとられ、前方の10tトラックが信号で停止したのに気付かず追突。前方不注視による事故。②は、仕事のトラブルを抱えたまま車を運転、気が付いた時には追突していたと言う。漫然運転が招いた事故。③は、路上駐車している車を追い越そうと、対向車の通過待ちをしていた車に、後方から走行してきた車が追突。動静不注視と「思い込み」による事故。
    ☆追突しないための安全運転のポイントとは
    ☆追突されないための安全運転のポイントとは

    交差点事故

    • 事故事例①車同士の右直事故(6差路の交差点)
    • 事故事例②出会い頭事故(夜間)・・・信号機の無い交差点
    • 事故事例③A車と自転車の事故・T字路(夜間)・・・信号機の無い交差点
    • 事故事例③B車と自転車の事故・T字路(夜間)・・・信号機の無い交差点

    ①は、信号の変わり目にスピードを上げ、無理に交差点を通過しようとした車と、青信号に変わり右折を開始した車が激突。②は、急いで帰宅しようと、一時停止標識を無視し、交差点に進入した車とタクシーよる事故。夜間は交通量が少なく、車は来ないだろうという思い込みが招いた事故。③Aの事故は、わき道から優先道路を右折しようとしていたタクシーが、車の流れがなかなか途切れず、イライラし、車の切れ目ができると、右側の安全確認を怠り発進。右側から来た自転車と衝突。タクシー運転手の心理的要因が引きおこした事故。③Bの事故は、優先道路を走行してきた車が、左のわき道から侵入しようとする車に気をとられ、右側から斜め横断しようとした自転車と衝突。

    • 多発する夜間事故・・・安全運転のポイント

      今回取り上げた、「追突事故」「交差点事故」とも、夕暮れ時、夜間に多く発生しています。夜間は昼間と比べて、情報が得にくく、より慎重な運転が求められます。

    • 交差点での安全運転のポイント
      • 信号機の無い交差点では・・・出会い頭事故を防ぐためには
      • 信号機のある交差点では・・・信号の変わり目の危険に注意
      • 交差点右折時の注意点
      • 交差点左折時の注意点
    検証 不注意、思い込み運転が事故を呼ぶ!
    • 注文番号…SE—133
    • 時間…16分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    交通事故の大半は不注意や思い込みが原因で起きています。この交通事故防止DVD・ビデオでは、これらのミスがどうすれば防げるか、4つの事故事例を検証、イラストやCG、実験を交え、誰にでもわかりやすく原因と対策を描いています。

    • 事故事例1「動静不注視による事故」

      対向車に注意、自転車に接触(対向車と自転車に気付いていたが、自転車に危険はないと判断、対向車に注意が集中)
      ☆原因と対策を実験を交え検証

    • 事故事例2「脇見運転による事故」

      信号のある交差点での追突事故(知らない土地へのドライブでレストラン探し、さらに子供たちの言い争いで運転に集中できず)
      ☆原因と対策を探る

    • 事故事例3「漫然運転による事故」

      直線道路での歩行者の飛び出し(休みなしの長時間運転で注意力が低下)
      ☆原因と対策を探る

    • 事故事例4「思い込みによる事故」

      信号のない交差点での出会いがしら事故(お互いが「だろう運転」の果ての事故)
      ☆原因と対策を探る

    • 注意力を高めるためには〜総合的な対策〜

      注意力を削ぐものを排除する(心の動揺・体調・疲労・眠気)
      声を出しての安全確認など(今、何に注意を向けるのか、確認する)

    [改訂版] 明日はあなたかも知れない交通事故、個人の責任・企業の責任(字幕版とも)
    • 注文番号…SE—132
    • 制作年…2007
    • 時間…23分
    • 価格…¥50,000【VHS】…¥60,000【DVD】

    絶える事のない交通事故・・・。
    ひとたび交通事故を起こせば、車を運転していた本人が責任を負うことは当然のことですが、その影響は家族にも及びます。
    本交通安全ビデオでは交通事故の責任、「社会的・道義的責任」、「法的責任(民事上・刑事上・行政上)」、また企業が被る「直接的損失」について分かりやすく解説します。

    ○○○フーズの営業、立花はある日得意先へ向かう途中で人身事故を起こしてしまう。相手は個人事業主で片方の手足を骨折して全治六ヶ月の重傷。この事故をきっかけに、地元住人の信用を第一に考える取引先との商談がキャンセルされてしまう。立花は相手との示談が成立するまで、営業から外されることになった。
    また、同僚への担当企業の振り分けや、立花本人および上司の事故処理への応対など会社の業務へも影響を及ぼすことになり、やがて妻も過労で入院してしまう。
    事故が立花本人だけでなく周囲に及ぼす影響は計り知れない。
    一年に及んだ示談交渉もようやく成立し、営業に戻った立花。一度は破たんした取引先との商談も成立する。明るく仕事に励む立花、そこには、もう事故はこりごりと、安全運転を誓い、慎重にハンドルを握りながら運転する立花の姿があった。

    思いやり運転のすすめ —事故ゼロ・この素晴らしき世界を—
    • 注文番号…ST—120
    • 制作年…2008
    • 時間…26分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    車・バイク・自転車・歩行者、
    この交通社会は皆が助け合い支え合っている安全ですばらしい世界です・・・
    そう感じることが出来る交通環境が「思いやり運転」で築かれることを願って・・・

    • ◆「思いやり運転」とは?

      「思いやり運転」とは、事故を防止するために相手が安全に行動しやすいようにしてあげる運転です。このことを正しく理解してもらうために、「思いやり運転」がじょうきょうによっていろいろ変わることを、わかりやすく説明します。また、待ってあげる、譲ってあげる、止まってあげる、よけてあげるなど、代表的な「思いやり運転」の例と、事故に結びつく「思いやりのない運転」の例も紹介します。

    • ◆「思いやり運転」で交通事故を減らす

      信号のない交差点での二台の車の衝突事故、雨の日に起きた車と自転車の事故、生活道路での車と高齢歩行者の事故、運転中に体調が悪くなり起こった事故。実際に起きたこれらの事故現場映像を見て、もし当事者が相手の安全を考えて「思いやり運転」をしていたらどれも事故にはならなかっただろうと言えることを示します。

    • ◆「思いやり運転」をしているドライバー

      思いやり運転」を実行している人たちの車に同乗し、その運転ぶりを観察します。共通するのは事故を防止するために相手が安全に行動しやすいようにしてあげる運転をしていることです。「相手に譲る運転をすると、ストレスが少なくて疲れない」、「アイコンタクトや車のウィンカー、ブレーキランプを使って、車同士のコミュニケーションをすることが事故予防につながる」などの証言も得られ、「思いやり運転」が事故防止と深い関係にあることが明らかにされています。

    • ◆「思いやり運転」のメリット

      主な「思いやり運転」のメリットは以下のとおりです。

      • ①心が落ち着き余裕が持てるので、的確で安全な判断と行動となり、事故が防げます。
      • ②相手も自分もこの交通社会に共に生きているという気持ちで、相手の喜びが自分の喜びになり運転のストレスも減って健康的です。
      • ③急発進、急ハンドル、急ブレーキのない静かな運転になり、燃費と車の寿命が延びて経済的です。
    ここに注意!歩行者・自転車・バイク事故 —事故事例に学ぶ—
    • 注文番号…ST—121
    • 制作年…2008
    • 時間…17分
    • 価格…¥56,000【DVD】
    • 歩行者・自転車・バイクの死者が過半数
      全交通事故死者のおよそ6割が歩行者や自転車、バイクの利用者で占められ、車の乗車中の死者が減少方向にある一方で、その比率は増加傾向にあります。
      シートベルトやエアバッグなど衝突安全装置を持たない歩行者や自転車、バイクが車と衝突した場合、そのダメージは極めて大きくなることは言うまでもありません
      車が衝突した瞬間、車は凶器と化すのです。ドライバーは、そのことを十分に意識し、歩行者や自転車、バイクに対しては、より慎重な運転をすることが強く求められます。
    • 歩行者・自転車・バイクの特性は?
      歩行者、自転車バイクとの事故を起こさないために、ドライバーはどんなことに注意しなければならないかを実際に起きた事故事例を通して具体的に描いていきます。
      また、検証実験や再現CGなどを駆使し、運転初心者でも分かりやすい構成となっています。
    • 自動車運転過失致死傷罪の創設
      従来の業務上過失致死傷罪に比べ、罰則が強化されたことを解説。これを機に、よりいっそうの安全運転を訴えます。
    あなたの運転なくて七癖 — 事故に潜む危険要因を探る —
    • 注文番号…ST—119
    • 時間…27分
    • 価格…¥70,000【DVD】
    • 車の運転にも、その人なりの癖がある

      「なくて七癖」というように、癖は誰にでもあり、無意識のうちに、つい出てしまうものです。事故の引き金になりかねない《危険な癖》は、なぜ身についてしまうのか・・・。 多くのドライバーは、運転免許を取った当初、教習所で習った安全運転の基本に沿って運転をしています。しかし、運転に慣れてくると、いつの間にか基本を忘れてしまい、自己流の運転をすることが多くなり、やがて、それが習慣となり癖となってしまうようです。
      この交通安全DVD・ビデオでは、具体的な事故事例や分かりやすい日常生活の例え、さらには検証実験を通して、どのような癖が、どんな事故に結びついてしまうのかを解説していきます。

    • 運転操作の癖

      運転の癖などないと思っていても、案外とあるもの。危険な運転操作の癖がないか、具体的な例を上げて検証する。

    • 運転姿勢の癖

      運転姿勢によって、いざというときの停止距離がどれほど違ってくるか、などを実験。「正しい運転姿勢は安全運転の基本」を訴える。

    • 心の癖や判断の癖もある

      運転中の身近なエピソードを通して、運転態度や判断の仕方にも癖があることを描く。

    • 急ぎ焦る癖

      急ぐ必要がないのに急いでしまう。
      そんな癖が招いた事故を紹介。また、焦りの心がいかに注意力を奪うかを実験する。

    • 思いこんでしまう癖

      右直事故を通して、自分本位の思いこみは判断の誤りを招くことを検証。

    • 考え事をする癖

      運転中の考え事は、「見れども見えず」の状態となることをボンヤリ運転事故と比較実験によって解明する。

    • ルールを無視する癖

      自分さえよければよいという心は、必ず事故を引き起こす。飲酒運転事故通して描く。

    • 最も大切な癖とは

      運転の仕方を誤れば、車は人を傷つける凶器となってしまう。このことを常に肝に銘じて運転することが最も大切な癖と訴える。

    ドキュメント事故現場
    悲劇の瞬間 — 心の乱れが事故を呼ぶ —
    • 注文番号…ST—118
    • 時間…26分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    交通事故は絶え間なく起き、悲劇は繰り返されています。私たちの心に潜む危険、怒り、焦り、おごり・・・。この交通安全教育DVD・ビデオでは、実際の事故事例を通して、交通事故を未然に防ぐ「心のコントロール」の大切さを訴えます。

    • 高速道路事故

      高速で走行するため、些細なミスが重大事故に結びつく高速道路。前を見ていたはずなのに・・・。2件の追突事故を例に、高速道路に潜む危険要因を説明、回避のための方法と心構えを紹介します。

    • 交差点事故

      交差点は交通事故の六割近くを占める事故多発地帯。「追突事故」「信号無視」「右直事故」「出会いがしら事故」「自転車を巻き込んだ事故」それぞれの事故を検証し、交差点における危険要因を探り出して、状況に応じた対応策を訴えます。

    • 高次脳機能障害

      近年死亡事故は減少しているが、後遺症に苦しむケースが増加している。「高次脳機能障害」は特に深刻である。この後遺症に取り組む神奈川リハビリセンターの大橋正洋先生のお話を通して交通事故の悲惨さを説き、事故を起こさないことの重要性を訴えます。

    • 危険運転致死傷罪

      スピード超過、信号無視、酒酔い運転など、悪質な交通違反を犯した者には、長期間の懲役刑が科せられることになった。しかし、悪質な事故が紙面から消えることがない。人の心はふと、誘惑に負けることがある。運転する以上、その誘惑に負けない強い心を持つことの大切さを訴えます。

    視覚が死角 — 見落とし・発見遅れが事故を呼ぶ —
    • 注文番号…ST—117
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    交通事故における人身事故の7割が見落としや発見の遅れなど「見ることの誤り=認知ミス」がかかわっていると言われています。この交通安全DVD・ビデオでは「正しく見る」ことが、安全運転の基本であり、いかに見落としや発見遅れを防ぐかというポイントを分かりやすい日常の例えや、CG、興味深い実験をとおして、親しみやすく飽きのこない構成で描いています。

    • 視線をしっかり向ける

      見落としの事故事例と実験で検証

    • 視線を釘付けにしない

      手品とヒヤリハットを通して説明

    • わき見運転の危険

      実際に目を閉じて運転してもらい、本当の怖さ話実感

    • ながら携帯の落とし穴

      身近な生活のエピソードと検証実験で解説

    • 覚低走行の恐怖

      正面衝突事故の要因ともなる覚低走行の恐ろしさをシミュレーターで再現し、その防止法を紹介

    中島悟が教える 運転の極意 — 安全運転3原則 —
    • 注文番号…DI—105
    • 時間…16分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    自動車レースの最高峰F1に、日本人で初めてシーズンフル出場を果たした、中島悟。
    その堅実な走りは、レースだけではなく、一般道においても無事故無違反!この交通事故防止DVD・ビデオでは、中島氏の著書の中に記された、「安全運転3原則」をドライブレコーダーで収録された瞬間事故映像の原因分析と対策を中島氏自らが解説し、「中島語録」と称される名言を交え、事故を起こさない、起こさせない運転の極意を教えます。

    • その壱 よく見ること

      常に周りを見れる奴ほど運転が上手い!
      運転中は360度目配りしろ!

    • その弐 よく伝えること

      ヘッドライトは自分をアピールする警告灯でもある!
      とっさの時の危機回避はスピードを殺すことに尽きる!

    • その参 身を守ること

      車の性能を生かすも殺すもドライバー次第
      車の装備の効き具合は試しておけ!

    なぜ起きる命にかかわる交通事故 — なくせヒューマン・エラー —
    • 注文番号…T—119
    • 時間…29分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    交通事故が無くならないのは、ドライバーの人的過誤、いわゆる「ヒューマンエラー」があるためと言われています。この交通安全DVD・ビデオではヒューマンエラーを起こす背景にスポットを当て、ドライバーの怒り、焦り、急ぎ、慣れ、甘えがなぜ事故に結びつくのか、事例を紹介しながら検証していきます。

    • 焦りが生むヒューマンエラー

      営業マンの相田と河野は、ムサシ商事の木下部長のところに向かった。約束の時間が迫り、焦って運転する相田。右折の際、対向車の陰から出てきた直進車とぶつかってしまう。このような事故を起こさないためには、焦りの感情を抑制すること、見えない危険を予測する心の眼を養うことの大切さを訴えます。

    • 怒りが生むヒューマンエラー

      上司の竹田課長に叱られた相田と河野は改めてムサシ商事に向かう。上司の言い方が気に入らなかった相田は怒りはじめ、徐々にスピードを出していく。ついにスピードオーバーでカーブを曲がりきれず、車がスリップしてしまった。怒りの感情がスピードの出し過ぎの原因だった。2倍のスピードを出すと事故の危険は4倍になる。法定速度を守り、自分の運転技術、交通状況に合った速度で安全に運転することが必要だ。

    • 慣れが生むヒューマンエラー

      怒った竹田課長は、相田と河野を乗せて、自ら運転してムサシ商事に向かう。ところが、慣れた道という安心感から、交差点で一時停止を無視して車と接触してしまう。ベテランドライバーが犯しやすい落とし穴、「慣れ」がヒューマンエラーの背景だった。
      交差点付近は、事故の約6割近くが発生している危険地帯。事故の発生パターンのモデル式を見ながら、交差点の危険度を検証します。

    • 甘えが生むヒューマンエラー①

      再度、ムサシ商事に向かった相田と河野は、会社の前の駐車禁止区域に路上駐車する。その車の前を横切ろうとした木下部長は、駐車車両の陰から出てきた車にぶつかりそうに!短時間ならとめてもいいだろうという甘えがヒューマンエラーの背景だった。違法駐車車両が絡んだ事故で、駐車した本人に損害賠償が請求された事例もある。違法駐車は、事故の引き金になるだけでなく、渋滞の原因などにもなる。

    • 甘えが生むヒューマンエラー②

      慌てて竹田課長に携帯電話で連絡する相田。運転がおろそかになり、前のトラックの荷台に乗り上げてしまう!これも、ちょっとくらいなら使用してもいいだろうという甘えだった。道交法が改正され、携帯電話等の使用は禁止されている。行政処分が変更され、減点1点と反則金が科せられる。違反や事故は社会に与える被害も大きく、加害者本人も相当の負担を負う。「ヒューマンエラー」が起こす交通事故の被害は大きい。「ヒューマンエラー」を減らすためには、自分の感情や行動を冷静に判断しながら運転できるようになることが大切なのです。

    路上の危険を読め!(24分版) — 検証 危険予測 —
    • 注文番号…SE—130B
    • 時間…24分
    • 価格…¥70,000【VHS】 ¥80,000【DVD】

    後を絶たない交通事故、複雑な道路環境の中で、ドライバーは常に路上に潜在する様々な危険にさらされていると言っても過言ではありません。こうした過酷な状況の中、ドライバーは情報を正しくキャッチし、安全か危険かを判断する能力が求められているのです。そのために重要なのが危険を読むこと、すなわち“危険予測”なのです。
    そこで、この交通安全DVD・ビデオでは交通危険予測の方法について、様々な「危険」の事故事例を検証し、CGを随所に用いながら、危険を読むポイントを具体的にわかりやすく描いています。

    • プロローグ・・・運転は危険と隣り合わせ
      • 事故事例A・・・交差点付近(車対車)
      • 事故事例B・・・生活道路(車対自転車)
    • 路上の危険とは?・・・事故事例を検証する
    • 見えない危険と見える危険とは
      • ●見えない危険
        • 道路がつくる死角を読む
        • 他車がつくる死角を読む
        • 車の構造上の死角を読む
      • ●見える危険
        • 二輪車や大型車の動き
        • 交通パートナーの動き
      • ■危険予測のポイントとは?
        • ●危険予測のポイント
          • 情報の的確なキャッチ、存在の察知、相手の動きの予測
        • ●事故事例ABの模範運転
          • 3つのポイントに気をつけて運転していたらどうなったかを検証
      • ■路上の危険を読め!・・・見えない危険と見える危険を予測する
        • ●見えない危険を読む
          • ①道路の死角による事故事例

            道路が作る死角を読む
            カーブ・上り坂・見通しの悪い交差点

          • ②他車がつくる死角の事故事例

            他車がつくる死角を読む
            大型車・対向右折車

          • ③車の構造上の死角を読む

            ピラー・ドアミラー・バックミラー

        • ●見える危険を読む
          • 交通パートナーの行動特性を知り、相手の動きを予測する
            子ども・お年寄り・自転車・二輪車
      • ■エピローグ・・・危険を読むキーワード

        死角を消す!相手の動きを予測する!これが見えない危険、見える危険を読むためのキーワード

    路上の危険を読め!(16分版) — 検証 危険予測 —
    • 注文番号…SE—130A
    • 時間…16分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    後を絶たない交通事故、複雑な道路環境の中で、ドライバーは常に路上に潜在する様々な危険にさらされていると言っても過言ではありません。こうした過酷な状況の中、ドライバーは情報を正しくキャッチし、安全か危険かを判断する能力が求められているのです。そのために重要なのが危険を読むこと、すなわち“危険予測”なのです。
    そこで、この交通安全DVD・ビデオでは交通危険予測の方法について、様々な「危険」の事故事例を検証し、CGを随所に用いながら、危険を読むポイントを具体的にわかりやすく描いています。

    • プロローグ・・・運転は危険と隣り合わせ
      • 事故事例A・・・交差点付近(車対車)
      • 事故事例B・・・生活道路(車対自転車)
    • 路上の危険とは?・・・事故事例を検証する
    • 見えない危険と見える危険を予測する
      • ●見えない危険
        • 道路がつくる死角を読む カーブ、坂道、見通しの悪い交差点
        • 他車がつくる死角を読む 大型車、対向右折車
        • 車の構造上の死角を読む ピラーとバックミラー
      • ●見える危険
        • 交通パートナーの行動特性とは 危険を読む・・・子どもと、お年寄り
    • 危険予測のポイントとは?
      • ●危険予測のポイント
        • 情報の的確なキャッチ、存在の察知、相手の動きの予測
      • ●事故事例ABの模範運転
        • 3つのポイントに気をつけて運転していたらどうなったかを検証
    • エピローグ・・・危険を読むキーワード

      死角を消す!相手の動きを予測する!これが見えない危険、見える危険を読むためのキーワード

    ドキュメント
    油断が死を招く!  — 交通事故の恐怖 —(字幕版とも)
    • 注文番号…SE—131
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【VHS】 ¥80,000【DVD】

    この交通事故防止DVD・ビデオでは、スピードの出し過ぎや、脇見運転、飲酒運転や疲労運転による実際の事故現場の映像をもとに「発生状況」とその「原因」を検証し、事故事例を以下の5つの項目に大きく分け「事故防止のポイント」についてもCGを交え、分かりやすく解説しています。

    • 追突事故
      • ★事故事例① 車両3台の玉突き事故
      • ★事故事例② 車両5台の多重衝突事故

      ①は脇見運転、②は安全確認を怠り漫然と車線変更をしたために起きた事故。
      脇見運転や漫然運転に陥りやすい心理や状況に加え、追突および追突されないための事故防止のポイントを紹介。

    • 交差点事故
      • ■右折時・左折時の事故
        • ★事故事例③ 車両4台の多重衝突事故
        • ★事故事例④ 右折車と自転車の衝突事故
        • ★事故事例⑤ 右折車の人身事故
        • ★事故事例⑥ 四輪車と二輪車の右直事故

        ③④⑤の事故は右折時・左折時の安全確認を怠ったために起きた事故。交差点を左折または右折する時には減速し、十分な安全確認をとると同時に、横断歩道上の歩行者や自転車にも注意を払わなければいけない。
        ⑥の事例は交差点を右折しようとした車が対向右折車の陰から直進してきた二輪車と衝突した事故。この事例では交差点の死角に潜む危険を実写に加えCGで解説。

      • ■出合い頭の事故
        • ★事故事例⑦ 一時停止の無視
        • ★事故事例⑧ 一時停止標識の見落とし
        • ★事故事例⑨ 「だろう運転の落とし穴」

        ⑦⑧は、信号機の無い交差点で一時停止の標識があるにもかかわらず一時停止を怠り、起きた事故。⑨の事例は、互いに相手車両を見ていながら、相手が止まってくれるだろうという「だろう運転」の落とし穴が招いた事故。危険予測と、危険に対応できる安全な速度での走行が交差点進入時の事故防止のカギ。

    • スピードの出し過ぎによる車両単独事故
      • ★事故事例⑩ スピードの出し過ぎによる右折事故
      • ★事故事例⑪ スピードの出し過ぎによるカーブ事故

      ⑩は交差点を曲がりきれずに家屋に衝突。⑪は二輪車がカーブを曲がりきれずに電柱に衝突した事故。共にスピードの出し過ぎによるハンドル操作のミス。心理的に急いでいたために起きた事故だが、なぜカーブや曲がり角で速度を上げるとハンドル操作のミスにつながるのか、走行速度に比例して増大する遠心力と摩擦抵抗の危険性も提示。

    • 疲労運転
      • ★事故事例⑫ 疲労運転による路外逸脱・横転事故

      睡眠不足による疲労運転が事故の原因。疲労運転を引き起こす要因、また運転時の疲労の兆候がどのように現れるのか、事故防止のポイントに付け加え紹介。

    • 飲酒運転事故
      • ★事故事例⑬ 停車中の乗用車に追突
      • ★事故事例⑭ 電柱に衝突

      二つの事例は酒を飲んでも自分だけは大丈夫という誤った認識が事故につながったもの。中枢神経を麻痺させ、運転に支障をきたすアルコールの影響は誰にでも現れる。事故につながる飲酒の危険性も事故防止のポイントに加えて解説。

    危険な心が事故を呼ぶ — 汝 我が心の悪魔の囁きに耳を傾けるなかれ — 23分版
    • 注文番号…T—115
    • 制作年…2008
    • 時間…23分
    • 価格…¥70,000円【DVD】

    交通事故はドライバーの心理と深くかかわっています。運転中に、怒りや焦り、思い込みや過信があると、違反を正当化する「危険な心」がわきおこり、法令を守ろうとする「安全な心」との葛藤が起こりえます。この交通安全DVD・ビデオでは、よくありがちな4つの事例を通して、どのような状況で心の葛藤が生まれ、どうすれば「危険な心」に打ち勝てるのかを考えていただきます。

    • 事例1 慣れからくる油断、思い込みがもたらす危険 山本さんの場合
      子供を幼稚園に送り迎えする若い主婦の運転から。
      シートベルトやチャイルドシートの着用、信号のない交差点での通行を取り上げ、慣れや油断から生じる危険な心を描きます。
      ○対策 見えない所にも、危険が潜んでいるかもしれないと予測し、面倒臭がらず、ルールを守って運転することが必要
    • 事例2 急ぎ・焦りがもたらす危険 林さんの場合
      仕事のミスを指摘され、4早く会社に戻ってくるように指示された営業マンの運転から。
      急ぎ、焦りからくる危険な心が、強引なUターン、交差点への黄色信号での進入、カーブでの追い越し、制限速度違反などを引き起こします。
      ○対策 どんな交通状況でも、予測運転のできる冷静さが重要
    • 事例3 心配事や考え事がもたらす危険 伊藤さんの場合
      妻の病気のことで頭がいっぱいの高齢ドライバーの運転から。
      心配事が脳裏から離れず、「前を向いていても見てない状態」になり、追突事故を引き起こします。
      ○対策 気持ちの切り替えや、運転に集中することが重要
    • 事例4 甘い判断と過信がもたらす危険 大島さんと同僚の場合
      危険な心の囁きに耳を傾け、飲酒運転により事故を起こす会社員と、それを止められなかった同僚。
      【飲酒運転の罰則引き上げ】【車、酒の提供の厳罰化】【同乗の禁止】【救護義務違反の罰則の引き上げ】に言及します。また、ハンドルキーパー運動についても取り上げます。
      ○対策 どんな理由があるにせよ飲酒運転は絶対にしてはいけない
    危険な心が事故を呼ぶ — 汝 我が心の悪魔の囁きに耳を傾けるなかれ — 16分版
    • 注文番号…T—116
    • 制作年…2008
    • 時間…16分
    • 価格…¥50,000円【DVD】

    交通事故はドライバーの心理と深くかかわっています。運転中に、怒りや焦り、思い込みや過信があると、違反を正当化する「危険な心」がわきおこり、法令を守ろうとする「安全な心」との葛藤が起こりえます。この交通安全DVD・ビデオでは、よくありがちな4つの事例を通して、どのような状況で心の葛藤が生まれ、どうすれば「危険な心」に打ち勝てるのかを考えていただきます。

    • 事例1 慣れからくる油断、思い込みがもたらす危険 山本さんの場合
      子供を幼稚園に送り迎えする若い主婦の運転から。
      シートベルトやチャイルドシートの着用、信号のない交差点での通行を取り上げ、慣れや油断から生じる危険な心を描きます。
      ○対策 見えない所にも、危険が潜んでいるかもしれないと予測し、面倒臭がらず、ルールを守って運転することが必要
    • 事例2 急ぎ・焦りがもたらす危険 林さんの場合
      仕事のミスを指摘され、4早く会社に戻ってくるように指示された営業マンの運転から。
      急ぎ、焦りからくる危険な心が、強引なUターン、交差点への黄色信号での進入、カーブでの追い越し、制限速度違反などを引き起こします。
      ○対策 どんな交通状況でも、予測運転のできる冷静さが重要
    • 事例3 心配事や考え事がもたらす危険 伊藤さんの場合
      妻の病気のことで頭がいっぱいの高齢ドライバーの運転から。
      心配事が脳裏から離れず、「前を向いていても見てない状態」になり、追突事故を引き起こします。
      ○対策 気持ちの切り替えや、運転に集中することが重要
    • 事例4 甘い判断と過信がもたらす危険 大島さんと同僚の場合
      危険な心の囁きに耳を傾け、飲酒運転により事故を起こす会社員と、それを止められなかった同僚。
      【飲酒運転の罰則引き上げ】【車、酒の提供の厳罰化】【同乗の禁止】【救護義務違反の罰則の引き上げ】に言及します。また、ハンドルキーパー運動についても取り上げます。
      ○対策 どんな理由があるにせよ飲酒運転は絶対にしてはいけない
    ドライブレコーダーは見た!— 危険予測で大切な命を守る —
    • 注文番号…T—114
    • 制作年…2008
    • 時間…21分
    • 価格…¥70,000円【DVD】

    交通事故の原因の多くは、ちょっとした油断や心のスキです。交通事故を起こさないためには、常に危険を予測しながら運転する意識を持つことがとても大切です。
    この交通安全ビデオ・DVDでは、タクシーの車載カメラ(ドライブレコーダー)に記録された交通事故の様子を検証しながら、毎日の日常的な運転シーンで私たちが気を付けなければならない基本的な注意点や心構えを考えていきます。
    また、「冬道編」では、冬季の凍結した路面状況を取り上げ、安全に運転するための注意点や意識について解説します。

    • 生活道路での危険予測の運転
      自転車や歩行者、駐車車両に対する注意や、信号のない交差点の通行
    • 一般道路での危険予測の運転
      車間距離や視野についての基本情報、雨天時、夜間、停止の際や車線変更時の注意点、視覚の確認
    • 交差点での危険予測の運転
      直進時、右折時、左折時の基本的な運転方法と注意点
    • 踏切での危険予測の運転
      踏切通過時の基本的な運転方法
    • シートベルトの活用
      全席のシートベルト着用の義務、ダミー人形による衝突実験
    • 高速道路での危険予測の運転
      視野狭窄、流体刺激、接近追従、車間距離、車線変更、休憩、高速道路出口の注意
    • 薄暮時の危険予測の運転
      夕暮れ時の安全走行について
    • 冬道での危険予測の運転(冬道編のみ)
      チェーン・バッテリー・ブースターケーブル等の装備確認、発進時、直進時、カーブ走行時・ブレーキ操作時のポイント、ABSの基本知識、アイスバーン

    *この教材には以下の三種類があります。
    VHS通常編(66,000円) VHS通常編+冬道編(70,000円) DVD版(70,000円)
    DVD版では、通常編と冬道編の両方を視聴することができます。またチャプターでそれぞれの項目ごとに視聴することも可能です。

    安全運転 あなたが主役! —危険ポイントに要注意—
    • 注文番号…DI—109
    • 時間…16分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    便利で快適な車社会。しかしその裏側では、交通事故という惨事が後を絶ちません。
    人は誰しも、事故を起こそうとして運転をしていません。恐ろしいのは、事故を起こした人の証言の多くが、起こすまでその危険性について全く無意識であったという事にあります。様々な危険要因が重なって事故は起きるものです。この交通安全視聴覚教材では、その要因を探るため、運転歴15年、ゴールド免許保持者の男性ドライバー山口さんの出発から帰宅までの一日を覗いてみることにしました。
    山口さんの運転は一見上手そうですが、よく見るとかなり危険な運転をしています。思わず、本当にゴールド免許保持者なのかと・・・。その上、山口さんは自分の危険な運転に全く気付いていません。
    安全な車の運転というのは、ただ運が良く、事故を起こさなかったという事とは違うのです。そのような気持ちでは、いつか事故を起こしかねません。このDVD・ビデオを見てみなさんもご自分の運転を振り返ってみてください。なるほどと、思い当たる方が多いはずです。事故を起こして後悔する前に、守るべき基本的事項「安全運転5則」を危険要因粉砕の切り札として、十分に認識しましょう。

    ■安全運転5則

    • ①安全速度を守る
    • ②カーブの手前でスピードを落とす
    • ③一時停止で横断歩行者を守る
    • ④交差点では必ず安全を確かめる
    • ⑤飲酒運転は絶対にしない
    心に刻め!命にスペアはないことを — 事故現場は語る —(字幕版とも)
    • 注文番号…DI—107
    • 制作年…2008
    • 時間…22分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    24時間体制で、延べ3ヵ月間にわたり、60件余りの事故を取材し、これらの事例に基づき事故防止のポイントを具体的に描いています。また、後部座席のシートベルトの必要性を“論より証拠”の実験映像でお見せします。

    • ◎車の運転は、見る、判断する、操作する 見ることを誤ると事故になる
    • ◎居眠り運転事故防止

      運転中の眠気防止対策
      上手な仮眠のしかた
      たかが眠気されど眠気

    • ◎わき見運転による追突事故

      目かくし運転の恐怖
      わき見の落とし穴
      安全と思った時こそ気をつける

    • ◎漫然運転による自転車事故

      心の準備のある時、ない時の運転の違い
      子供のランニングで検証
      予測しながら、見る

    • ◎カーブ事故

      見えない力=遠心力実験
      多重衝突の悲劇

    • ◎いざという時のために

      後部座席のシートベルトは身を守る

    • ◎車は買い換えできるが、命にスペアはない
    孫子の兵法に学ぶ安全への道 — 危険回避の知恵 —(字幕版とも)
    • 注文番号…DI—106
    • 制作年…2008
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    古代中国で生まれた戦略書「孫子の兵法」ナポレオンや武田信玄に影響を与えただけでなく、現代では人生哲学や経営戦略の指南書としても読み継がれてています。さまざまな事故の危険を回避するために我々は何を知らなければならないのでしょうか?「彼を知り、己を知れば、百戦してあやうからず」孫子の兵法の教えを通して、安全運転の極意を学びます。◎思わず聞き入る講談師の語り親しみやすく、わかりやすい、そして心に響く講談師の語り。検証実験や例え話やドライブレコーダーが映し出す事故の瞬間を織り交ぜながら、テンポよく構成されています。

    • ー危険を発見する極意とはー
      • ◎死角の向こうに危険あり!
      • ◎安易な思い込みは事故を呼ぶ!
      • ◎一時停止しない自転車に注意!
      • ◎バイクに対する錯覚に注意!
      • ◎子供は動く赤信号!
      • ◎事故防止の極意三ヶ条
    • ー己の中に潜む危険とはー
      • ◎心の乱れが危険を呼ぶ!
      • ◎孫子の教えから学ぶこと!
    安全運転こころが決め手 — 運転適正と交通事故 —
    • 注文番号…SE—129
    • 時間…24分
    • 価格…¥70,000【VHS】 ¥80,000【DVD】

    事故原因の上位を占める「ぼんやり、いい加減運転」このことは、交通事故がドライバーの性格に起因し、運転適性が大きく関わっていることを示しています。この交通ビデオ・DVDでは、人間の性格と運転行動はどのような因果関係があるのか、事故を起こしやすい性格とその対策を具体的な事例から見ていきます。

    • 事故に結びつきやすい性格のタイプとその対策
      • 事例1「気遣い型」・・・神経質傾向と抑うつ性が共に強い人。
      • 事例2「無頓着型」・・・気遣い型とは正反対の神経質傾向が弱い人。何事にも大雑把でくよくよ考えないタイプ。
      • 事例3「せっかち型+注意散漫型」・・・運転動作が速く、感情高揚性と自己顕示性が共に強い人。
      • 事例4「責任転嫁型」・・・攻撃性が強く協調性に欠ける人。
      • 事例5「運転軽視型」・・・状況判断が早いのが特徴で、自信過剰気味な慢心運転になりがち。
    • その他の問題事例とその対策
      • 「戸惑い型」・・・運転動作の正確さと速さとが全く同じ場合。右左折時や進路変更に戸惑って、無理をしやすいタイプ。
      • 「じっくり型」・・・運転動作が遅い人。状況の変化についていけずに、減速が遅れて、周りに目をくれず、むきになって走るタイプ。
      • 「うっかり型」・・・複雑な交通場面で、確認に手間取りがちになるタイプ。
    • こんな人たちが事故や違反を繰り返す
      • ►だろう運転をする人、きちんと運転する気持ちになれない人
      • ►事故を運や他人のせいだと信じ込んでいる人
      • ►繰り返しの違反の果てが事故だと気づかない人
    検証 認知・判断ミスが事故を呼ぶ!
    • 注文番号…SE—126
    • 時間…15分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    車両単独事故を除く交通事故のおよそ八割が、「危険に気づかなかった」「危険の発見が遅れた」という“認知ミス”が原因で起きていると言われています。そこでこの交通安全DVD・ビデオでは、人はなぜ“認知ミス”を犯すのか、どうしたら“認知ミス”を防ぐことができるのかを事例を交えながら、分かりやすく解説しています。

    • プロローグ

      「見落とし」が事故を招く!

    • 何故“認知ミス”を起こすのか

      •運転行動のメカニズム・・・「認知」「判断」「操作」とは何か
      •事故事例を検証し、問題点と対策を探る

      • ◇事故事例1・・・信号機の無い交差点での出会い頭事故

        カーブミラーに頼りすぎ、結果として脇見運転となり、右から来る車と衝突。「見えたのに見なかった」事故と言えます。一方衝突相手も優先道路という意識と車は来ないという「思い込み」が判断ミスを招いたのです。

      • ◇事故事例2・・・歩行者の駐車車両からの飛び出しによる事故

        飛び出した歩行者をとっさに回避しようとしても間に合わない。死角の陰には常に危険が潜んでいると認識し、危険を予測した防衛運転を心がけましょう。

      • ◇事故事例3・・・車線変更の際、後方から来た二輪車と接触した事故

        バックミラーに頼り、死角に入った二輪車を見落とした。バックミラーだけに頼らず自分の目で確認をし、危険と感じたら二輪車に道を譲りましょう。また、二輪車は車体が小さく距離感がつかみにくいため注意が必要です。

      • ◇事故事例4・・・追突事故

        カーナビに気をとられ、ハンドルを握っていたため脇見運転。“認知”する行動を完全に忘れていたのです。運転中の携帯電話やメールも絶対にしてはいけません。また、考え事やボンヤリといった「漫然運転」による事故も多発しています。

    • 肝心なものを「見落とさない」テクニック

      確実に“認知”するためにはどのような事を心掛けたら良いか、交通場面に応じた注意点を明らかにします。

    • エピローグ

      なくせ!“認知ミス”

    危ない!運転中の携帯電話
    • 注文番号…SE—128
    • 時間…17分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    近年、携帯電話の普及により、多くのドライバーが当たり前のように車内に携帯電話を持ち込み、運転中に使用するケースが増え、死傷事故も後を絶ちません。この交通安全ビデオ・DVDでは、代表的な事故事例を取り上げ運転中の携帯電話、カーナビ等の操作の危険性についてCGを交えて、分かりやすく解説しています。

    • インタビュー

      運転中の携帯電話使用についてインタビューを試みたところ、多くのドライバーが運転中に危険であることを知りながら携帯電話を使用していることがわかった。携帯電話の使用がどのような事故につながるのか、なぜ危険なのかを明らかにしていきます。

    • 事故事例・・・着信応答時

      見通しの良い直線道路で起きた追突事故。着信した携帯電話に応答しようと前方から目を離した数秒間、前を走っていた車が道路右側の駐車場に入ろうとウインカーを出し、停止したのを見落としたのです。数秒の脇見による前方不注視が思わぬ事故の原因に・・・。

    • 検証・・・脇見運転はこんなに危険(実験)

      安全運転中央研修所で実験を試みた。スピードを出し、走行する車での前方不注視は目隠し状態で暴走するのと一緒で、たとえ数秒であってもとても危険です。

    • 事故事例・・・通話時

      携帯電話で道を聞きながら交差点に進入、横断してきた自転車を見落としはねてしまい、乗っていた主婦に大けがをさせてしまった事故。自転車の主婦はドライバーの視界に入っていたはずなのになぜ?

    • 検証・・・ボンヤリ運転の危険(実験)

      実験から、運転中に携帯電話で通話をしていると、目に入っている情報にも見落としや誤反応を引き起こしたり、注意力が分断され、認知、判断、操作にミスや遅れを引き起こすことが分かった。アイカメラを使った実験でも、携帯電話使用中は視点があまり動かず路面状況に気を配れていないことが明らかとなった。また、運転中に携帯電話を使用することは片手運転ともなり、とっさの事態に的確な操作ができなくなり、とても危険である。

    • 運転中の携帯電話使用は道路交通法で禁止されています

      反則金、違反店などの内容を解説

    • 車に乗るときは、必ず携帯電話の電源を切るか、ドライブモードにしておきましょう。緊急を要する場合などは、車を安全な場所に停車させ通話するようにしましょう。
    多発する交差点事故 — 事故事例に学ぶ危険予測 —
    • 注文番号…SE—114
    • 時間…15分
    • 価格…¥50,000【VHS】 ¥60,000【DVD】

    交通事故の多くが、交差点および交差点付近で起きています。ではどうしてこの交差点で事故が多発するのでしょうか?この交通安全DVD・ビデオでは、実際に起こった事故を分析し、どうすれば事故を防ぐことができるのかを検証していきます。

    • 交差点が作る死角

      ◇事故事例 信号機の無い交差点での出会い頭事故
      Aさんは“いつも通る道、車は来ない”と一時停止無視、Bさんは“こちらは優先道路”と徐行運転を怠った結果の事故でした。
      住宅の塀などで見通しが悪いこのような交差点では、死角の陰に危険があると考え、たとえ優先道路であっても、いつでも止まれる徐行運転を心掛けることが必要です。

    • 車が作る死角

      ◇事故事例 先行する大型車に追従し、対向右折車との右直事故
      大型車に追従して走行していたCさんは大型車が死角となり赤信号を見落とした。右折待ちのDさんは、大型車の後ろから車は来ないと思い込み発進して事故が起きました。 死角となった大型車を挟んで、お互いが死角に潜む危険となっていたのです。車間距離を取り、自ら死角に入らないこと、そうすれば前方を確認でき、相手からも自分が見られ、確認される結果となります。右折待ちのDさんも、大型車が作り出す死角の陰から別の車が追従してくるかもしれないと考え、大型車の通過を待って、一呼吸置くことで、安全を確かめる余裕ができ、事故を防ぐことができるのです。
      ◇その他の事例
      左折、右折時に前車が作る死角による、対歩行者・自転車事故

    • 車の構造が作る死角

      ◇事故事例 交差点左折時の追突事故
      Eさんは左折時に、右からの歩行者は確認したものの、左からの歩行者はピラーが死角となり発見が遅れ、あわてて急停止したため、後続車に追突されたのです。ドライバーは、車が持つ死角により左側が確認できにくく、「左折時こそ左側により注意を向けること」が大切です。また後続のドライバーは前車に続いて左折する時、“前車が急に止まるかもしれない”と予測し、ただ漫然と運転しないことです。

    • 見通しの良い交差点でも出会い頭事故が多発

      ゆったりと広がる田園地帯。なぜこんな見通しの良い交差点で事故が多発するのでしょうか。田園の一本道。視線を左右に動かさず正面だけを見て運転していると、相手車両が視野の中で一定の位置に留まっているような錯覚により発見が遅れ、極端な場合交差点の手前10mまで接近しても発見できないケースが生じます。また車が少なく信号も無いことから、気が緩み、漫然運転に陥ることが原因と考えられます。

    心に潜む危険 —運転適性と交通事故—
    • 注文番号…SE—128 
    • 時間…17分 
    • 価格…¥70,000【DVD】

    交通事故のほとんどは、ドライバーの性格に起因していると言っても過言ではありません。交通事故とドライバーの適正とは深く関わっているのです。そこで、この交通ビデオ・DVDでは、事故に結びつきやすい性格を具体的に提示し、事故事例を分析、その対策を考えます。

    • 事故事例1 神経質傾向の人の場合

      右折のため停車した車に追突した事故・・・。心配事や悩み事に頭が占領されやすく、目は前を向いていても実際には何も見えていない。運転に集中できず、自動車の運転にとって重要な、認知、判断ができないのです。このような神経質傾向の人の場合、日頃の運転でどのような事を心掛けたら良いか、その対策を考えます。

    • 事故事例2 衝動性の強い人の場合

      信号機の無い交差点での出会い頭事故・・・。ちょっとしたことでイライラしやすく、そのイライラが高じて、せかせか運転を行い取り返しのつかない事故を、招いてしまったのです。他の車を排除するような運転行動も、このような性格の人によく見られます。このような衝動性の強い人の場合、日頃の運転でどのような事を心掛けたら良いか、対策を考えます。一見どこにでもある、ありふれた事故、しかしこの二つの事故の原因は、このようなドライバーの性格にあったのです。

    • その他の事例
      • ※自己中心的な人の場合
      • ※気分の変化が激しい人の場合
      • ※協調性に欠ける人の場合
      • ※攻撃的な人の場合

      もし、あなたの心の中に、このような性格が一つでも潜んでいたら―。

    • 運転適性検査

      会社の上司のすすめで、運転適性検査を受けた植松さん、運転歴10年、車の運転には自信があったのですが、検査の結果は意外にも総合判定値が低く、せっかちで、大雑把な性格と指摘されたのです。納得のいかない植松さん、気にもせずにいつものせっかち運転。ある日、信号機の無い交差点を左折しようとして、横断歩行者をはねそうになり、ハッとします。指導員の「動作をする前に、必ず一呼吸おいてください、そうすれば、周りの状況がよく見え、危険な事態を避けることができます」という言葉を思い出します。そして、自分が今まで事故を起こさなかったのはただ運が良かっただけなのだと気付きます。

    • 自分の適性を正しく知り、安全運転を

      自分の性格を正しく知り、もし、事故に結びつくような運転行動をとらせる性格が、心の中に潜んでいたら、それを出さないようにコントロールして運転すること。それが、悲惨な交通事故を防ぐ第一歩なのです。安全運転のカギはあなたの心の中にあるのです。

    相手の動きを予測せよ! — 歩行者・自転車の特性と危険予測 —
    • 注文番号…SE—124
    • 時間…20分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    車はドライバー次第で凶器に変身します。ですから、ドライバーは複雑な交通状況の中で他の車あるいは、自分よりも弱い歩行者や自転車などの行動特性を考え、相手がどのような行動に出るか、危険を予測する運転を心掛け、事故防止に努めなければなりません。
    この交通ビデオ・DVDでは歩行者・自転車にどのような特性があるのか、どのような事故が多く、どのような事に注意をしたら事故は防げるのか、そのポイントを分かりやすく解説しています。

    • 自転車の特性

      幼児から高齢者まで幅広く利用されている自転車。ところが最近自転車利用者の交通ルール無視、交通マナーの低さが問題となっています。ドライバーには交通事故を自ら起こさないことは勿論、事故に遭わないための防衛運転の技術が必要とされています。< br /> そこで、自転車利用者の運転心理、具体的な場面での自転車利用者の行動特性を紹介し、信号機のない交差点、生活道路でなぜ事故が多発するのか、どうしたら事故を防ぐことができるのか、事故事例の分析を通して分かりやすく解説します。

    • 子どもの行動特性

      子どもの交通事故、とりわけ小学校低学年では遊んでいる時よりも、登下校時に多く発生しています。成長過程にある子どもは大人に比べて、判断力や視覚・聴覚などいわゆる知覚力が未成熟であること。普段は慎重な子どもでも、集団でいると車に対する警戒心が乏しくなります。そして大人との視界の違いなど子どもの身体的、心理的特性を明らかにし、事例の分析を通して、どうしたら事故は防げるのか、具体的に解説します。

    • 縁故者事故

      最近、人や荷物をたくさん積めて便利なRV車、1BOX車が増えています。こうした車は死角が多く、駐車時や発進時に親や友人知人が「運転席から見えにくい小さな子ども」を轢いてしまう事故が多くなっています。事故を防ぐために、発進時には前かがみ姿勢により前方の安全確認をしましょう。また発進時、駐車時等では常に周りの安全確認を怠ってはならないことを訴えます。

    • 高齢者の行動特性

      高齢歩行者の事故は、夕暮れ時から夜間にかけてが、大半を占めます。これらは加齢による動体視力や、遠近の判断力の低下など、身体機能の低下によるものが多いのです。こうした高齢者の身体的な特性を踏まえた上で、高齢者が何を考え、どう行動するか、事故事例を交えわかりやすく解説し、ドライバーに注意を訴えます。

    もし交通事故を起こしたら — 現場の措置と責任・解決 —
    • 注文番号…VD—231
    • 時間…33分
    • 価格…¥54,500【DVD】

    交通事故のいまわしさは、突然被害を受けた側の悲しみは当然として、一方の“加害者なるが故”の悲劇も生むことです。この交通ビデオ・DVDでは、どんな原因であれ、もし交通事故を起こしてしまった場合の運転者が実施すべき現場の措置方法と、その後の責任のとり方、解決の仕方などについて解説し、運転者に負わされた重大な責任への理解から安全態度の育成を図ります。

    ①交通事故の恐ろしさ ②現場での措置
    ③交通事故の責任(刑事責任と行政責任・民事責任)

    過失割合、過失による賠償額の算出例、賠償費用、自動車保険等

    冬道事故を防ぐ—危険な路面の見分け方—
    • 注文番号…PP—104
    • 制作年…2014
    • 時間…20分
    • 価格…¥68,000【DVD字幕選択式】

    この交通安全DVDは、雪や凍結した冬道でのスリップによる事故や吹雪などの視界不良による事故を起こさない様、冬道を「安全に走行する」ためのポイントを紹介する作品です。

    【内容】

    ①冬道の事故要因は、秋から冬、冬から春への季節の変わり目です。冬との季節の変わり目は、大変危険な路面状態が出現します。

    ②冬道交通事故を防ぐには、冬道の交通環境に応じた運転感覚への切り替えが必要です。

    冬道の路面には、夏道とは大きく異なり「滑りやすい」「見えにくい」「わだちが出来る」「道路が狭くなる」などの危険な状況が生じることで、スリップ事故や視界不良による事故が多発します。ゆとりを持って、車間距離には夏の倍を目安に早めのスピードダウンを心がける運転が必要です。

    ③冬道運転の予備知識で真っ先に必要なのは、運転意識や運転感覚の切り替えです。平地では大丈夫でも、山間部や峠では圧雪や路面凍結を予測しなければなりません。冬道運転で「確実に車を止める」にはタイヤをロックさせない、横滑りやスリップが発生したらアクセルを戻しブレーキは絶対に踏まない。タイヤが空回りするのはアクセルの踏みすぎ、わだちのある場面ではわだちに逆らわないで走行する。

    ④冬道の高速道路安全走行時は「車間距離は凍結路面の3倍以上、急ブレーキや急ハンドル、無理な追い越しはしない」で走行する。とくに橋の上やトンネルの出入り口付近では、ブラックアイスバーンを予測して走行する。

    ⑤アイスバーンの基礎知識、通常の湿潤路面の様に黒く見えるアイスバーンを「ブラックアイスバーン」、踏み固められた「圧雪アイスバーン」、交差点前後に生じる磨かれたアイスバーンを「ミラーアイスバーン」といいます。

    冬道の危険を知る— 安全に走行するために— (【改訂版】冬道にひそむ危険)
    • 注文番号…PP—102
    • 制作年…2010
    • 時間…18分
    • 価格…¥65,000円【DVD】

    冬道事故の要因で一番多いのは、スリップ事故、その次が雪による視界不良です。 この交通安全ビデオ・DVDでは、これらの事故がどのようにして発生しているのか、そしてどんな場面・状況が危険なのかなど、冬道における事故を防ぐための基本的な知識を具体的に紹介し、わかりやすく解説しています。既刊の「冬道にひそむ危険」のコンテンツに「冬道での高速道路の走行」を新たに加え改訂いたしました。

    • 冬道事故の要因
    • スリップ事故を防ぐために
    • さまざまな冬道環境
    • 急ブレーキの危険
    • 冬道での高速道路の走行
    • 吹雪などによる視界不良
    • 雪山などによる見通しのきかない交差点
    改正道路交通法準拠
    許すな!飲酒運転(字幕版とも)
    • 注文番号…SE—135
    • 制作年…2008
    • 時間…19分
    • 価格…¥60,000【DVD】
    • 繰り返される悲劇
    • 脳の機能を麻痺させるアルコール
    • 飲酒運転厳罰化の背景
    • 改正道路交通法の概要 《飲酒運転に対する厳罰化》
    • 許すな”飲酒運転・・・飲酒運転の根絶に向けて

    平成13年、「危険運転致死傷罪」が新設され、道路交通法も改正、飲酒運転に対する罰則が強化されました。しかし、その後も悪質な飲酒運転による事故はあとを絶ちません。そして平成18年、福岡で起きた大上さん一家の悲惨な事故をきっかけに、平成19年には新たに「自動車運転過失致死傷罪」が新設されるとともに、道路交通法も再度改正され飲酒運転に対する罰則はより一層厳しいものとなりました。
    そこでこのビデオでは改正道路交通法の概要を分かりやすく解説。ならびに飲酒が運転に与える影響をドライビングシュミレーターで検証。また専門の医師に、アルコールが運転にどのような影響を及ぼすか?。データを基に医学的立場から解説してもらい、飲酒運転が如何に危険であり絶対にしてはならないということを、全てのドライバー、市民に訴えます。

    飲酒運転 罪と罰 破滅への選択〜あなたならどうしますか〜(字幕版あり)
    • 注文番号…DI—108
    • 制作年…2009
    • 時間…16分
    • 価格…¥50,000【DVD】

    お酒を飲むか飲むまいか・・・YES?orNO?飲酒運転がいけないことと知りながら、なぜお酒を飲んでしまうのでしょうか。ちょっとした気のゆるみ、その場の勢い・・・。誘惑は、常に身近なところにあります。イエスかノーか。設問に答えて線をたどっていくと、やがてひとつの答えにたどり着く。雑誌などでおなじみのフローチャートのスタイルをとりながら、どこにでもいる平凡なサラリーマンがなぜ「破滅への選択」をたどってしまったのか、ドラマ仕立てと検証実験を通して描くとともに、飲酒運転における罰則を解説。思わず身につまされ、わが身を振り返って納得してもらう・・・。「飲酒運転は犯罪であること」を見る人の心に強く働きかけていきます。

    飲酒運転が人生を狂わせた —受刑者と遺族の悲痛な叫び— 
    • 注文番号…EG—102
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】
    • ドライビングレコーダーが捉えた事故の瞬間、

      それが被害者の見た最後の景色になった
      兵庫県尼崎市で起きた飲酒運転死亡事故。衝突されたタクシーのドライビングレコーダーに残る映像には、センターラインを超え、対向車線に突っ込んでくる加害者の車が映し出されている。この事故で亡くなったタクシー運転手・岩田浩一さんの遺族から、事故の様子と現在の心境を聞き出す。
      加害者は仕事帰りに酒を飲み、飲酒運転を繰り返していた。判決は、懲役23年だった。

    • 市原刑務所での受刑者インタビュー

      「なぜ事故を起こしたのか?事故後の辛い思いは…」
      最初の受刑者は50代の会社員。「今まで、事故も飲酒運転もしなかったのに、忘年会でちょっと酒を飲み、仮眠した後に…」
      受刑者の言葉からは、ふとした心の隙から誰もが加害者になり得るという恐怖が伝わってくる。
      次の受刑者は30代の長距離トラックドライバー
      「休憩中に早く仮眠を撮りたいと思って缶酎ハイを飲んだことが……」
      数名の受刑者のインタビューや事故の再現映像を通して、改めて飲酒運転事故の悲惨さ、罪の深さが浮き彫りとなる。
      そして最近、飲酒運転の違反歴があるドライバーの調査では、アルコール依存症の疑いがあるドライバーが、事故を多く起こす傾向があることも、重要視されている。

    • 遺族たちの癒えぬ心の傷

      悪質ドライバーによる飲酒運転事故で亡くなった祝部(ほうり)悟さん。25歳の若さだった。事故で失ったものの大きさは、体験した者でしかわからない、多くの遺族たちは言う。悟さんのこれまでの人生、人柄、希望に溢れていた未来……ご両親の辛い心中の告白に、飲酒運転根絶への願いを新たにする。

    • 飲酒運転根絶を目指して

      ―受刑者の悔恨の叫びを多くの人に聞いて欲しい
      ある受刑者は、こう振り返った。
      「自分がやってしまったことというのは、交通事故ではない、と刑務所に入ってから気がついた…飲酒をして車を運転すること自体が人殺しと何ら変わらない犯罪だと…」

    交通事故の悲劇は続く —重い後遺症を抱えた被害者と家族の苦しみ—  【文部科学省選定】
    • 注文番号…SE—145
    • 制作年…2012
    • 時間…22分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    かつては1万人を超えていた交通事故死者数も、現在では5千人を下回るまで減少しています。車の安全性向上や、救急医療の進歩などにより、命が助かるケースも増えています。 一方、かろうじて一命を取り留めたものの、重い後遺症を一生背負うことになる人も大勢います。そしてそこには、日々介護に負われる家族の姿があります。私たちは、交通事故で脳に重い後遺症を抱えた被害者とその家族を取材し、交通事故がもたらす悲惨な実態を明らかにし、全てのドライバーに強く安全運転を促すものです。

    • 遷延性意識障害を抱えた人とその家族
      • ①石橋智子さん(34歳)のケース

        智子さんは高校生の時、ミニバイクで青信号の交差点を直進していたところ、対向右折車が智子さんのミニバイクに気づかず、右折を開始、衝突したのです。病院に運ばれ緊急手術が行われましたが、意識は戻りませんでした。病名は「遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)」植物人間とも言います。交通事故は家族の生活を一変させました。両親が交代で毎日介護を続けました。その後両親は、智子さんと同じような重度の障害を持つ人のためのケアホームを作りました。

      • ②田中宏信さん(33歳)のケース

        宏信さんは27歳の時、二輪車で片側二車線の道路の第一通行帯を走行。第二通行帯は渋滞気味。第二通行帯を走行していた車が停止して、対向右折待ちのトラックに道を譲ったため、トラックが右折を開始。宏信さんの二輪車と衝突。一命を取り留めたものの意識回復の見込みはほとんどないと診断されたのです。在宅療養は事故から5年後に始まりました。丸一日誰かが看ていないといけない状況から、父親は会社を解散し、前時間を介護に集中できるようにしました。介護はやはり両親が中心で、仮眠をとりながら、昼夜交替で行っています。

    • 高次脳機能障害を抱える人とその家族
      • ③狩野聖さん(19歳)のケース

        小学校2年生の時、集団登校時に横断歩道を聖さんが最初に渡り始めました。その時下り坂でスピードの出た普通乗用車に撥ねられたのです。聖さんは3週間後に意識が戻り、リハビリを続けました。しかし、脳の後遺症を抱えることになります。聖さんの病名は「高次脳機能障害」。一般的には感情が抑制できなくなる、無気力になる、記憶力が低下するなどの症状が現れ、生活に支障を来たすことが多くあります。聖さんは現在、週5日地域作業所に通っています。重い後遺症を抱えているため、社会で生きていくには難しい聖さんに、少しでも社会生活を味わってもらおうと両親が探した場所なのです。

    • エピローグ

      撮影中に悲しい出来事が起こりました。石橋智子さんが亡くなったのです。ハンドルを握ることは大切な人の命や人生を左右するのだということを忘れず、常に慎重な運転を心がけねばならないのです。

    交通遺族の叫び 生きていればこそ — 交通事故を起こさないために —(字幕版とも)
    • 注文番号…SE—135
    • 制作年…2008
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    多発する交通事故。飲酒、速度超過、脇見などその原因はさまざまです。またちょっとした気の緩みから起こした事故から悪質なものまで状況も異なります。しかしながら事故の形態がどのようなものであれ、遺された家族にとっての悲しみは計り知れず、ドライバーの責任の重さに変わりはありません。このビデオでは、飲酒運転・脇見運転・ひき逃げによって愛する家族を失った交通遺族の方々への取材を通して、すべてのドライバーに命の大切さを心にとどめ、安全運転に徹するよう訴えます。

    シルバー世代のみなさん!正しい横断、してますか?
    【推薦 一般財団法人 全日本交通安全協会】
    • 注文番号…T—174
    • 制作年…2017
    • 時間…18分
    • 価格…¥66,000【DVD】

    依然として多く発生している、高齢歩行者の死亡事故。その大半を占める“道路横断中の事故”を中心に取り上げた、高齢者向けの交通安全教材です。様々な交通場面の、どこに危険が潜んでいるのか、どうすれば事故を防げるのかを、ひとつずつ丁寧に、わかりやすく解説します。高齢者のみなさんに、事故の危険をより実感的に捉えてもらえるよう、合成映像による事故再現シーンを効果的に挿入。また、押しつけがましくない、語りかけるような解説を心がけ、事故防止に前向きに取り組む意欲を持っていただけるよう工夫しました。

    シルバー世代のみなさん!正しい横断、してますか?
    • 誰にでも起こり得る高齢者歩行事故
      • 高齢者歩行者の死亡事故の多くは自宅の近所で発生。
      • 事故の背景にあるのが、加齢による身体機能や注意力の低下。
    • こんな横断、危険です!
      • 単路での横断。渡りきれずに事故に遭うケースが多い。
      • とくに左から近づく車には要注意!
      • 直後横断、車の間からの横断、斜め横断などの危険
    • 横断歩道のある場所では
      • 横断歩道外横断の危険。少し遠回りでも必ず横断歩道を渡る。
      • 青信号の点滅での無理な横断は事故のもと。
      • 横断中も油断は禁物。車の動きを確かめて。
    • 危険が増す 夜の道
      • 夜間、歩行者は車から見えにくい。
      • 明るい服装と暗い服装の見え方の違い
      • 反射材の活用で安全性はグンとアップ!
    ケーシー高峰の
    交通事故を防ぐ 高齢者のための処方箋
    • 注文番号…DI—111
    • 制作年…2011
    • 時間…20分
    • 価格…¥60,000【DVD】

    「高齢者の交通事故の話を聞くと切ないのよ」

    高齢者に人気の医学漫談のケーシー高峰さんは増え続ける高齢者の交通事故に顔を曇らせる。高齢者が大好きなケーシーさんによると高齢者が交通事故に遭う大きな理由は二つあって、一つは自分の体の衰えを十分に自覚していないこと、もう一つは年と共に表れる性格、「せっかち」「わがまま」「頑固」であるといいます。 この交通安全ビデオ・DVDはナビゲーター役のケーシー高峰さんがアドバイスする高齢者の事故防止の対策です。

    • 歩行の時の横断は「止まる」「確認」の心がけ

      歩行中の高齢者の死亡事故の多くは信号無視と横断歩道以外の横断違反と言われています。

      登場する古稀を迎える将太は急いでもいないのに、信号無視し、注意されても、皆やっていると悪びれる様子もありません。ドクター(ケーシー高峰)によると、将太のそんな行動はせっかち、頑固な性格のせいだといいます。

      信号機のある横断歩道、信号機の無い横断歩道、横断歩道以外の横断、それぞれで起きる事故の原因とその防止策を説明します。

    • 自転車交通ルールを守って、安心・安全

      いちいち止まるのが面倒だった、これは一時停止の標識がある交差点で止まらず、車にはねられ、大けがした高齢者の言葉です。自転車は軽車両に含まれ、車と同じように道路交通法を守らなければなりません。車道や歩道を通行する時のルール、交差点での一時停止、急な進路変更などの安全ルール、高齢者の安心、安全を守ってくれる自転車交通ルールをわかりやすく説明します。

    • 自宅近くの道にご用心

      病院、商店街、コミュニティーセンター、高齢者がよく出かける自宅近くの道路での事故が増えています。普段、使い慣れた道での事故、原因はよく知っている道だからと安心感が油断に繋がること思われます。自宅近くの危険が潜む道路を検証します。

    • 夜のおでかけの味方 反射材

      夕暮れから夜の時間帯の事故が増えています。特に黒っぽい服装は車のドライバーからの発見が遅れて事故に遭いやすいというデータがあります。黒っぽい服装、白っぽい服装、反射材を付けている人、ドライバーがそれぞれの服装の人を確認できる距離を実験し、結果、反射材の効果の大きいことを確認します。

    見る 待つ 止まる 確かめる!シルバーエイジの交通安全
    — 歩行者と自転車  —  ナビゲーター:山本  文郎
    • 注文番号…SE—136
    • 制作年…2008
    • 時間…26分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    高齢者の増加と共に、交通事故も増えています。特に歩行中、自転車乗車中の事故による死者数全体の半数以上を高齢者が占めています。その原因は体力が衰えているのに自分はまだ大丈夫という意識のズレ、交通ルールに対する認識不足など様々です。高齢者が交通事故にあわないためにはどうしたら良いか、「見る、待つ、止まる、確かめる」を基本に、歩行中・自転車乗車中に多い事故事例を検証し、原因と対策を分りやすく解説します。また、交通ルールについては自転車安全利用五原則を中心に改正道路交通法の概要を含め解説しています。

    誰もがいずれは高齢者 —高齢者の交通事故をなくすために—
    • 注文番号…ST—125
    • 時間…24分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    超高齢化が進んでいる今、交通事故で亡くなった方の半数以上は65歳以上の高齢者です。そこでこの交通安全ビデオ・DVDでは、高齢者も非高齢者も安全運転の基本を守ることの大切さを訴えています。

    • 高齢化による心身機能と運転能力の変化

      高齢になると運転にどんな変化が起きるのか。高齢者講習の運転適性検査や急ブレーキ体験などを示して解説します。また加齢による心身機能と運転能力の変化について、視覚・聴覚の低下、認知・判断・操作の遅れが目立つことを指摘します。高齢者に多い追突・出会い頭・右直事故を取り上げ、事故現場映像とCGにより、事故防止のポイントを示します。高齢者にありがちの、一時停止ミス、安全確認ミス、急な進路変更などについても注意を呼び掛けます。

    • 高齢運転者が安全運転のために気をつけること

      安全運転の基本に立ち返ること、安全運転5則を守ることの大切さ、高齢者であることを認識しミスに気をつけること、周囲に注意してもらうことの大切さなどを訴えます。

    • 「高齢者を守る運転」のすすめ:高齢社会への提言

      高齢者だけが交通ルールを守っても、それだけでは事故は無くなりません。高齢者が安心して安全運転できるように、非高齢者が思いやりの心をもって「高齢者のミスを救える運転」、「高齢者を守る運転」をすることをすすめます。高齢者の車を急かしたり追い立てたりしない、道を譲ってあげるなど「高齢者を守る運転」の例を紹介します。「高齢者を守る運転」には、あおり、割り込み、幅寄せなど、高齢者を危険にさらす行為はありません。

    人生の達人!高齢者いきいき安全運転
    • 注文番号…SE—146
    • 制作年…2012
    • 時間…25分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    高齢者の増加とともに、高齢ドライバーによる事故が多発しています。高齢ドライバーの事故には、身体機能の低下が大きく関わっています。そこで本DVDビデオでは高齢ドライバーが起こしやすい事故事例を検証し、事故の原因とされる身体機能の低下をどのように補っていったらよいかをドラマでコミカルに、飽きさせる事無く描いています。 また、「高齢運転者等専用駐車区間」「運転経歴証明書」など、最近の道路交通法により設けられた制度の解説も網羅しています。

    【内容】

    一カ月後に70歳になる一平さんとその妻節子さん夫婦と、孫の麻美ちゃんの軽妙なドラマを通して描く

    • 高齢ドライバーに多い事故
    • 事故の背景に法令違反

      「一時不停止」「漫然運転」「脇見運転」「運転操作不適」など

    • 身体機能の低下が運転に与える影響
      • 静止視力と動体視力、周辺視野、白内障など視力及び聴力の低下
      • 反応時間の遅れが、認知・判断・操作の一連の流れを滞りがちにする
      • 予想外の事態でのパニック例
    • 自分の身体機能を理解し、補う安全運転の模範
      • 地図やカーナビで予め目的地までのルートを決め、運転に集中できるようにする
      • 速度は控えめに、ブレーキは早めに、車間距離は長めに
      • 交差点の安全な通行法、正しい車線変更の方法
    • 様々な状況下での安全運転のポイント
      • トンネル走行の注意点
      • 薄暮時の道路での注意点
      • 夜間の道路での注意点
      • 見通しの悪い交差点での注意点
    • 70歳以上の高齢ドライバーは、高齢者講習を、75歳以上の高齢ドライバーは、高齢者講習の前に講習予備検査を受けなければなりません
    • 70歳になったら、車に「高齢運転者標識」を
    • 「高齢運転者等専用駐車区間」について
    • 「運転経歴証明書」について

    □シニアライフアドバイザー「溝端教授」による、生き生きとした生活を送るための3つのポイント

    • 老いをよく知ること
    • 運転をしっかりすること
    • 友だちを作ること

    高齢ドライバー こうすれば交通事故は防げる!
    • 注文番号…SE—121
    • 時間…21分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    高齢ドライバーに多い事故事例を分析し、実験をとおし、身体機能の低下による危険、日頃どのように運転すれば交通事故を防げるか、具体的に分かりやすく教えます。

    危険をヨム知恵 — 高齢者の交通安全 —
    • 注文番号…ST—112
    • 時間…24分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    体力の衰え等から見込み違いで交通事故を起こす場合があります。しかし、体力が衰えても脳は使えば事故を起こすことはありません。脳を十分に働かせ危険を読み取り交通事故を防止する方法を分かりやすく描いています。

    安全運転はこれだ — 事故が教える安全運転五則 —
    • 注文番号…SE—104
    • 時間…28分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    交通事故は安全運転の基本を無視したために起こっています。そこで事故事例を科学的に分析し、もう一度、安全運転の基本である「安全運転五則」を思い起していただくことをねらいとしています。

    安全運転教えます — 危険体験の研修と事故に学ぶ —
    • 注文番号…SE—105
    • 時間…30分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    道路交通の過密化の中でドライバーに求められているのは、危険察知から回避に至る危険予知運転です。安全運転中央研修所での各種研修を通して、「認知」「判断」の大切さとポイントについて解説しています。

    見える危険 見えない危険 — 危険予測と安全運転 —
    • 注文番号…SE—106
    • 時間…28分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    交通事故の原因には、さまざまな要因がありますが、この交通安全視聴覚教材ではドライバーが「見える危険と見えない危険」を予測し、危険を危険と感じることが大切であると訴えています。

    夜は危険がいっぱい — 夜間の交通安全 —
    • 注文番号…SE—115
    • 時間…29分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    事故事例を検証しながら、夜間運転の恐さを訴えます。事故はどんな場所で、どのような形で発生しているか、事故の発生原因を究明し、それを防ぐにはどうしたらよいかを描き、夜間の交通安全を訴えます。

    君死にたもうことなかれ — 事故現場からの報告 —
    • 注文番号…ST—106
    • 時間…27分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    肉親の無病息災を祈らない人などいません・・・。交通事故で車イスによる生活を余儀なくされた、女優の萩生田千津子(はぎうだちづこ)さんが自らの体験を交え、交通事故の恐ろしさを切々と訴えます。

    事故0(ゼロ)の運転
    • 注文番号…ST—108
    • 時間…25分
    • 価格…¥65,000【DVD】

    注意している「つもり」でも起きてしまう事故。それは間違った注意の仕方をしているからではないでしょうか。事故ゼロを可能にするための正しい注意のノウハウを描きます。

    かもしれない運転の真髄
    • 注文番号…ST—109
    • 時間…27分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    事故原因はすべて「見込み違い」から。これを防ぐ決め手は、隠れた危険を予測する「かもしれない運転」です。これは、故.平尾収.東大名誉教授の安全理論です。各種の事故例を「平尾理論」に基づき映像化し、ドライバーのすべてが理解できる内容です。

    無事故運転のカギ — 認知と危険予測 —
    • 注文番号…SE—118
    • 時間…29分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    続発する交通事故。根本の原因はドライバーが車をコントロールできなかったことから起きている。的確な認知、判断、操作の大切さを訴えます。

    死角を消せ — 見えなかったでは遅い —
    • 注文番号…SE—117
    • 時間…28分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    交通事故を交差点事故と、その他の事故に分け、事故事例を検証します。交通事故の大きな原因である死角をなくす運転技術を身につけ、交通事故を防止しなければならないことを強く訴えます。

    事故防止はこれだ! — 先を読む運転術 —
    • 注文番号…SE—122
    • 時間…22分
    • 価格…¥65,000【VHS】 ¥70,000【DVD】

    ドライバーの思い込みや思い違いを脳の働きから解説しています。いつでも人と車の動きを読み、予測をして運転する技術を身につけることが重要であることを訴えます。

    見る運転ヨム運転 — 事故現場からの教訓 —
    • 注文番号…ST—111
    • 時間…27分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    交通事故を防ぐ決め手は「眼の働き」にあります。それは危険を積極的に捉えようとする「心の眼」なのです。道路上の相手の短所を把握し、同時に自分の弱点を自覚する事故予知運転の心得を解説しています。

    おちいりやすい落とし穴 — 安全運転こころが決め手 —
    • 注文番号…SE—116
    • 時間…28分
    • 価格…¥70,000【VHSのみ】

    この交通ビデオは交差点に設置した監視カメラが捕えた凄まじい事故の瞬間から始まります。一時停止無視、右折時の自転車との接触事故など、4つの事故事例を取り上げ、ドライバーが陥りやすい落し穴とその安全対策を考えます。

    後悔先に立たず — ドキュメントで綴る事故現場からの教訓 —
    • 注文番号…ST—115
    • 時間…23分
    • 価格…¥65,000【DVD】

    事故が起きてからでは遅い。そのためには、危険に対する「確かなヨミ」が決め手になります。このヨミはスポーツのヨミと相通ずるものがあります。実際に起きた事故現場にスポーツのヨミを織り交ぜながらルールの重要性と事故防止のノウハウを解り易く描いています。

    車が凶器になるとき — 人動車と見込み違い・・・事故現場に学ぶ —
    • 注文番号…ST—116
    • 時間…24分
    • 価格…¥70,000【DVD】

    ドライバーの心の状態は、そのまま運転行動に現れ、見込み違いは事故につながります。見込み違いをしないために必要なことを、様々な事故事例の紹介やアニメーション、実験などを交えてわかりやすく描いています。

    運転の常識(PARTⅠ) — 交差点事故を防ぐ —
    • 注文番号…ST—113
    • 時間…20分
    • 価格…¥40,000【DVD】

    ルールの遵守、隠れた危険の予知は運転の常識です。これに支えられた「事故を起こさない、起こさせない運転」こそ「上手な運転」であり、名ドライバーと言えるのです。パート1は飛び出し事故、交差点事故を防ぐポイントを解説。

    運転の常識(PARTⅡ) — 追い越し・追突・カーブ・高速道路事故を防ぐ —
    • 注文番号…ST—114
    • 時間…20分
    • 価格…¥40,000【DVD】

    ルールの遵守、隠れた危険の予知は運転の常識です。これに支えられた「事故を起こさない、起こさせない運転」こそ「上手な運転」であり、名ドライバーと言えるのです。パート2は追い越し事故、追突事故、カーブ事故等を防ぐポイントを解説。